Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング):「HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。好みのビールが多いカケガワさんのビールですが、どんな味になってるか非常に楽しみです( ´∀`)

ビール名:HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:BLOND ALE
アルコール度数:5.0%
IBU:???
facebook:Kakegawa Farm Brewing
※詳細は公式サイトで御確認くださいませ。

こちらが「HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)」のビール画像になります。

Kakegawa Farm Brewing(ホッピースラッピー2019)

見た目は、やや薄めのクリアな黄色って感じですね。
香りは、爽やかさを感じるホップの香りが心地よい。
飲み口は、ホップの苦味がほとんどないがホップ感はしっかり感じれる。また求めてる甘さは少なめで酸味をやや感じるかな。ボディがかなりライトでさっぱり、そしてドライって感じ。非常に飲みやすくこの時期には海辺でパイントでグビッと飲みたいと思えるビールですね。ビールバランスも良く、もう少し甘さが欲しかったが、ビアっぷる的には好みな方のビールでした^^;

えっと、この「HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)」ですが、ビアスタイルが軽めのブロンドエールとの事で、使用ホップはシトラ、シムコー、アマリロの3種類。オレンジ、マンゴー、桃、バニラのような香りがあるとのことだが、マンゴーをやや感じたかな?ちょっと気になった見た目の色だが、やや薄めの黄色はピルスナーモルトがこの色を引き出してるのかなぁ?そして何よりホップ感のフレーバーがしっかり出ており、一見苦いのか?と思いきや、シンプルイズベストな感じで、苦味もなく求めてる甘さがもう少しあればよかったのですが、間違いなくこの夏の時期にピッタリでグビグビ飲みたくなるビールでした。

あ、facebookを拝見すると…まさかのウイスキーリミテッドのサマーバージョンの!?、“サマーウイスキーリミテッド”が外販されてるではありませんか!!以前の『ウイスキーリミテッド』はMサイズで飲んで凄く好みだったので、その後パイントを飲んだ程かなり好みでしたので、これは是非とも飲みたいなぁ。舌は十人十色ですが、ビアっぷるの舌には凄く合うビールの確率が高いカケガワさん。どんな感じかこれはコレで楽しみですね~( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「HOPPY SLAPPY(ホッピースラッピー)」をご紹介しました。この時期にピッタリのビール!皆さんも機会があれば、是非一度飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る