『Kakegawa Farm Brewing』の「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」を樽で再飲しました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、以前にもご紹介しましたがあまりにも好みだったという事で、静岡県掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、限定醸造の「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」を樽で再飲したので再度紹介したいと思います。以前は「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」こんな感じでレギュラーサイズでしたが、今回は大きいサイズで飲みたく周りからかなり止められながらもパイントにしました^^;

ビール名:ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ベルジャントリペル(バレルエイジド)
アルコール度数:9.0%
facebook:Kakegawa Farm Brewing

Kakegawa(ウイスキーリミテッド)

こちらがその「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」のパイントになった画像ですwww

見た目はやはり好き通っており黄金色に近い感じですね~
また、香りですがやはりモルトの甘味と木樽感があり素晴らしく好みの香り。
飲み口ですが、記憶がある内に記録に残しておきましたが(笑)。喉に僅かながら苦味が残るが根本的にアルコールと熟成感がうまくバランスがとれており、バニラの様な甘味が感じられ何度も思うがビアっぷるは好みですね。

これパイントですが、周りにはアルコール度数9%だし木樽熟成で危険なビールという事もありパイントではかなり止められるも強行突破しましたよwww。事実、半分くらいまでは平然といれるのですがそこから温度が上がるにつれじわじわと…アルコール感も強めになってくるがそれでも好み。ただ、パイントが3杯目だったという事もありやや撃沈気味で帰宅の途につきましたけど…^^;

そういえば最近Kakegawa Farm Brewingさんのビールを見かけないのですが、
イベント続きでそちらに注力かな?ビアっぷる的にはfacebookに載ってた『ホワイト&ザ ジャイアントピーチ(4.3%)』がベルジャンホワイトビールに掛川産の桃を40㎏入れたというビールや、『C.K. Hood “narrow”(6.0%)』にてアメリカはポートランドのカルミネーションさんとのコラボビールでベルジャンIPAというビールがある様で興味があるのだが繋がらないなぁ><

まぁ、どうしても飲みたければ先日ご紹介したクラフトビアマーケット神保町店さんの、『マイクロブルワリーフェスティバル』にてKakegawa Farm Brewingさんのビールが出てきそうです。が、現時点で何のビールが繋がるのかわからないのであったら…当日のお楽しみになりそうですね^^;

はい、そんなこんなで今回は再飲という事で『Kakegawa Farm Brewing』さんの「ウイスキー リミテッド(WHISKY LIMITED)」を樽で飲みました。めちゃくちゃ好みだったビールですが、皆さんももし機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る