【北海道】鬼伝説地ビール:「鬼に腹巻IPA」を樽で飲みました~

鬼伝説地ビール(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は北海道は登別市にある『鬼伝説地ビール)』さんより、「鬼に腹巻IPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。今回はハイアルコールの8.0%でビアスタイルがダブルIPAという事でしたがまだ飲んだ事がなかった。ただ、頼んだ後に知ったIBUが84!?…果たしてビアっぷるは大丈夫でしょうか?(^_^;)

ビール名:鬼に腹巻IPA
ブルワリー名:鬼伝説地ビール
ビアスタイル:Double IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:84
URL:わかさいも本舗

コチラがその「鬼に腹巻IPA」のビール画像です。

鬼伝説地ビール(鬼に腹巻IPA2019)

見た目は、ややクリアな琥珀色という感じでしょうか。
香りは、ホップホップホップって思うほどホップ全開www。
飲み口は、ホップの苦味が舌で少し、喉奥でもさほど苦い!という訳ではなかった。求めてる甘さはなかったが、ボディがかなりライトで飲みやすい感じ。そして温度が上がって来たと同時に、IBU84がひょっこり顔を出して…苦い!!www。ビールバランスなどは素晴らしくも、苦さ的に残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「鬼に腹巻IPA」ですが、ホップはシトラを使ったシングルホップのWIPA。今年はもう終わりましたが、毎年恒例の!?札幌クラフトビアフォレスト2019に向け醸造されたビールとのこと。昨年より更にボディー感を持たせ、“おなかを冷やして腹巻をするほど飲んで頂けるドリンカブルなIPA”との事。お腹を冷やして腹巻する程の飲みやすさは理解できるが、“苦さ”だけは好みがあるのでさすがにビアっぷるには苦々でした(^_^;)

しかし、鬼伝説さんは凄いな。販売したと同時に注文が殺到し早期の段階で完売。もちろん醸造量の関係もあるかもしれないが、それでも人気が衰えずむしろ需要が上がっての完売。定番ビールもしっかりありながら、限定醸造(Hazyシリーズ等など)も出せば売れる。これぞ仮にクラフトビールが淘汰される時代がきても、しっかり残っていけそうな気がするブルワリーさんだと思います。あ、あくまでもビアっぷるの主観ですので悪しからず^^;

はい、という事で今回は北海道は登別市にある『鬼伝説地ビール)』さんより、「鬼に腹巻IPA」をご紹介しました。少し前のビールでブログアップが遅くなりましたが、皆さんも機会があれば、是非一度飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  3. 鬼伝説地ビール(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は登別市にあるのぼりべつ地ビ…
ページ上部へ戻る