【長野】Bacca Brewing(バッカブルーイング):「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は松本市にある『Bacca Brewing(バッカブルーイング)』さんから、「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアスタイルはアメリカンペールエールと正に苦手なビアっぷるですが、“もち麦入”という文字に惹かれ飲んでみました~( ´∀`)

『Bacca Brewing(バッカブルーイング)PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver. 詳細

ビール名:PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.
ブルワリー名:Bacca Brewing(バッカブルーイング)
スタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:30
facebook:Bacca Brewing(バッカブルーイング)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

こちらが、その「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」のビール画像です。

Bacca Brewing(ペールエール もち麦入)

「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな琥珀色という感じで綺麗ですね~
香りは、軽めの柑橘っぽい感じで意外にも控えめでした。
飲み口は、ホップの苦味はアメリカンペールエールにしては控えめと感じるのは間違いか?また、求めてる甘さかわからなかったが、モルトの甘さと“もち麦”を4割近く使った甘さも出てたかしっかり旨味として出ていた。ビールバランスも良く、もち麦の存在を生かしたビールで風味、コクもありました。ボディはライトで凄く飲みやすく、ドリンカビリティを感じさせたビール。アメリカンペールエールという事だが、ビアっぷるの好みなビールでした^^

この「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」ですが、ホップはカスケードだそうですが1種類かはわからない。また“もち麦”を4割使ってより豊醇さが増した?かもとのコメントですが以前から使ってたという事かな?その以前との飲み比べはできないが、確実に増してると想定しているビアっぷるです。アメリカンだけに単にホップの苦さが出たペールエールと思いきや素材の甘みとモルトの甘みを生かした絶妙なペールエールでまた飲みたいものです。

『Bacca オンラインショップ』を開店!?

その麦香さんですがコロナの影響でテイクアウトを主にした営業に切り替えられてますね。で、まさかの宅飲みするには絶好の!?『Bacca オンラインショップ』ができてるではありませんか!!非常にシンプルではありますが、これを『3時間で準備した』という迅速な対応は素晴らしいの一言。ビールは現状5種ありますね。

Bacca Brewing(オンラインショップ)_イメージ01

・常念IPAニゴリ
・ブルベリーレッドエール
・さくらラガー
・ジャンダルムスタウト
・BACCAペールエール

※現時点でのビールラインナップで詳細は公式サイトでご確認下さいませ

で、最近ビアっぷるの飲んだビールばかりですね!まだカード決済ができないという事でビアっぷる的には待ちたいところですが、期間限定で送料が安いのは魅力ですのでタイミングが合えば是非購入したいですね~( ´∀`)

はい、という事で今回は、長野県は松本市にある『Bacca Brewing(バッカブルーイング)』さんから、「PALE ALE(ペールエール) もち麦入ver.」をご紹介しました。オンラインショップで購入すれば、4月一杯は何本購入しても送料が650円(税別)との事です。皆さんもこれ機会に購入してみてはいかがでしょうか。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る