【大阪】箕面ビール:「パパざるラガー」をボトルで飲んでみました~

箕面ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

最近ツイッターへの同時投稿が不安定ですが申し訳ありません。それでも毎日更新してますので良かったらPCやSPでも見て下さると嬉しいです😅。そして今回は、大阪は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから限定醸造の「パパざるラガー」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はアメリカのOxbow Brewingさんとのコラボビール『MONKEY FIST(モンキーフィスト)』がかなり好みでしたが、今回はラガーと思って購入したら、ダークはダークでも苦手なダークラガー…どんな感じでしょうか。

箕面ビール(パパざるラガー/2021)_イメージ01

『MINOH BEER(箕面ビール)』パパざるラガー 詳細

ビール名:パパざるラガー
ブルワリー:箕面ビール
ビアスタイル:ダークラガー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:MINOH BEER(箕面ビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「パパざるラガー」のビール画像です。

箕面ビール(パパざるラガー/2021)_ボトル01
箕面ビール(パパざるラガー/2021)_ボトル02

パパざるラガー」飲み応えレビュー

見た目は、黒で光に透かすとややブラウン気味という感じ
香りは、ロースト香が強く出ておりホップ感ががさほど感じれない
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性に関してはやや残るという感じかな。また求めてる甘さはない。そしてローストフレーバーからモルト感が優しくしっかり感じれるかな。またホロ苦さをややグッと感じて欲しいモルトの甘さが全く感じれず。ボディはライトで飲みやすい系、そして🍺の深み等のバランス自体はさすがだが、ビアっぷる的には飲み応えに物足りなさを感じた。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

甘さを感じれないダークラガーは特に…

この「パパざるラガー」ですが『父の日限定』という事で醸造された🍺ですがこの記事が挙がる頃には…すいません💦。また、ホップはチェコ産のザーツを使いその他はわからず。また特に変わった原材料は使用なしという事で、低温でゆっくり発酵と熟成し醸造されたダークラガーですね。因みに過去にもこの🍺はリリースされてる様でビアっぷるは樽(ドラフト)で見た事も聞いた事もなかったので、初飲み。今回は知らずにラベルの色合いとバランスが良いなと思い手に取るも、よもやの苦手なダークラガー…😅。滅多に好みがないが、ヨロッコビールさんの『Swing & Bop』は珍しくかなり好みでした。が、今回は残念ながら好みではなかったかな。ビール自体の深み、コク、飲みやすさ等のバランスは良いのだが、モルトの甘さがないに近いというのが好みではなかったポイント。ただ『パパの日』用に醸造されてるだけに、世間のパパはこのくらい大人っぽい感じの方が好まれるかも✨。せっかくなので、この『父(パパ)の日』が過ぎても気持ちが大切です❤、是非タイミングがあれば🎁をしてみて感想を聞いてみるのもコミュニケーションが取れて良いと思いますよ✨😄

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんから限定醸造の「パパざるラガー」をご紹介しました。ロースト感に甘さがかなり控えめなダークラガー、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る