【新潟】ライディーンビール:「ピルスナー」&「IPA」を樽で飲みました~

ライディーンビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、久しぶりの登場となりますが新潟県は南魚沼市にある『RYDEEN BEER(ライディーンビール)』さんから、「Pilsner(ピルスナー)」&「IPA(アイピーエー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。樽では過去に『WEIZEN(ヴァイツェン)』を飲んでますが、この2種は共にボトルでしか飲んでいない。そんな中ようやくビアっぷる的に待望の“樽”で飲めましたので、ご紹介したいと思います( ´∀`)

ブルワリー名:RYDEEN BEER(ライディーンビール)
URL:RYDEEN BEER(ライディーンビール)
facebook:八海山酒造

『RYDEEN BEER(ライディーンビール)』Pilsner(ピルスナー) 詳細

先ずは、

ライディーンビール(ピルスナー)_イメージ01new

ビール名:Pilsner(ピルスナー)
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:???

コチラがその「Pilsner(ピルスナー)」のビール画像です。

ライディーンビール(ピルスナー/樽)_01

Pilsner(ピルスナー)」飲み応えレビュー

見た目は、見た目はクリアーな黄金色で奇麗ですね。
香りは、優しいホップとモルト感がしっかり。
飲み口は、ホップの苦味は程よくという感じで感じる程度から持続性は低い。また、求めてる甘さを感じながらモルトの深みのある味わいが絶妙でしっかり感じれる。ボディはライトですっきりドライと非常にドリンカビリティで、完成度が高い。ビアっぷるはかなり好みなビールでした^^

以前『Pilsner(ピルスナー)/ボトルver.』で飲んだ際はこんな感じでしたが、樽の方が苦味が円やかに感じました。また、一瞬ホップの苦味を思わせるも“苦い”まで絶妙に届かない感が非常にビアっぷるのストロングポイント。そしてモルトの絶妙な味とバランス、正にビアっぷるにはドリンカビリティなビールの1つで単価的には樽の方が少々高いが、やっぱり味的には“樽”の方が好みなビアっぷるでした。

次に、

『RYDEEN BEER(ライディーンビール)』IPA(アイピーエー) 詳細

ライディーンビール(IPA)_イメージ01new

ビール名:IPA(アイピーエー)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???

コチラがその「IPA(アイピーエー)」のビール画像です。

ライディーンビール(IPA/樽)_01

「IPA(アイピーエー)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色ですがピルスナーに比べ少し濃い感じですね。
香りは、思ったよりホップ感や柑橘感が全然感じない…
飲み口は、ホップの苦味は一瞬控えめ!と思いきや、後からジワジワ持続性があり喉奥でも残るがスッキリな苦味。求めてる甘さはなく、柑橘さもさほど感じなければコクもやや物足りない印象でした。ボディはライトで飲みやすいが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

コチラも以前に『IPA(アイピーエー)/ボトルver.』で飲んでおりますが、ボトルの方が“香り”も“柑橘”っぽさも“ホップの青々しさ”も全て良く感じれたのに比べ、樽はどれも感じれなかったな。特にホップ感も想像以上にボトルの方が出てたのは意外だったが…ボトルで良いと思った部分がほとんど感じれなかったので、樽の方はひょっとしたら開栓してだいぶ日が過ぎてたのかもしれませんね。コレはまた機会があればリベンジしたいと思いました。

ライディーンビールって樽でビアバーにあるの!?

今回は敢えてライディーンビールを狙って飲める環境に行きましたが、基本的に百貨店等や楽天等の通販サイトでボトルの販売は見かけるがビアバーで樽が繋がってるイメージがない。樽は八海山酒造さんの絡みのあるお店で置く様にしてるのかわからないのだが、何れにせよビアっぷるが過去に行った全てのビアバーで見た記憶が1度もない。地元の新潟の方ではビアバーで繋がってたりするのかな?と思いつつ、完成度がかなり高いビールなだけにもっと世間の方に知って欲しいと思うビアっぷるだが、これだけのビールだけに勿体ないな。まさかブルワリーさん自体がそこまで望んでもないのかな!?って、そんな訳ないですよねwww。因みにまたどこかで“ピルスナーの樽”を見かけたら、黙ってパイントで飲みたいと思ったビアっぷるです!( ´∀`)

はい、という事で今回は新潟県は南魚沼市にある『RYDEEN BEER(ライディーンビール)』さんから、「Pilsner(ピルスナー)」&「IPA(アイピーエー)」をご紹介しました。待望の樽で飲めた事が嬉しかったですが、皆さんも機会があれば、是非樽で飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る