【北海道】のぼりべつ地ビール鬼伝説:「NEW鬼花火IPA」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「NEW鬼花火IPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。鬼伝説さんのヘイジーシリーズはかなり人気で、周りのお客さんからは大好評をでした。さて、舌が特殊なビアっぷるにはこのヘイジーがどんな風に感じるでしょうか?(^_^;)

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』NEW鬼花火IPA 詳細

ビール名:NEW鬼花火IPA
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
スタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:40
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「NEW鬼花火IPA」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(鬼花火IPA)_01

NEW鬼花火IPA」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごでいかにもヘイジーらしい明るい黄色
香りは、ヘイジーな感じからのフルーティー!
飲み口は、ホップの苦味ほやや強めに感じながら喉奥で感じるほど持続性があるかな。また求めてる甘さは少しだけ感じるが、滑らかさがかなり好みなビアっぷる。そしてジューシーさがしっかりありながらトロピカルさから柑橘さも感じるかな。ボディはミディアムで飲み応えはしっかり。後味に苦味が弱めでも常に残るのは気になるがビールバランスはさすがだが、ただ苦味がかなり残る分残念ながらビアっぷるは好みではありませんでした^^

蘭法華IPAよりは苦味が…

この「NEW鬼花火IPA」ですが、ホップはメインにストラータとまさかのモザイクホップ。そしてシトラ、アマリロ、更にはシムコーとサブロを用いて多種類のホップを使い醸造されてたんですね。しかしまさかのメインにモザイク…も使われてるのという事で、そこまで気にならなかったのは意外。口当たりの滑らかさはは素晴らしく感じたし、ジューシー、トロピカル、柑橘さも感じれる整ったヘイジーIPA。ただ苦味だけは…パイントで飲んで温度が上がってきたと同時にこれでもか!という感じで苦味が増してきただけに、飲み切るのに時間がかかったな^^;

鬼花火って!?

ビール名にあり気になる“鬼花火”ですが、登別温泉の護り神『湯鬼神(ゆきじん)』達が、難病息災と幸せを祈って“厄払いの舞”の披露と、“手筒花火”を豪快に打ち上げる恒例イベントが『鬼花火』との事。この鬼花火の煙をイメージをされたのと、新型コロナ終息の思いも込めて醸造されたビールの様です。そして苦味は“NEW蘭法華IPA”より抑えめという事だが…ビアっぷるは苦味抑えめは納得も、まだまだ苦いですよーwww。まぁ、鬼伝説さんらしいと言えばらしいんですけどね。ただ周りのお客さん達は今回は“苦くない”と…いやはやどんだけビアっぷるの舌は苦味に敏感なんでしょうか…と、改めて実感したビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「NEW鬼花火IPA」をご紹介しました。大人気のヘイジーシリーズですが、皆さん…このビールを飲んで新型コロナの終息を願いましょう!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る