【長野】サノバスミス:「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」をボトルで飲んでみました~

サノバスミス(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は大町市にある『Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)』さんの「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアっぷるお気にの国内ハードサイダーさんとなるサノバスミスさんだけに非常に楽しみです( ´∀`)。

サノバスミス(ピッカーズディライト)_イメージ01

『Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)』PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト) 詳細

ビール名:PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)
ブルワリー名:Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)
製造者:松本ブルワリー
スタイル:Hard Cider
アルコール度数:6.5%
IBU:17
URL:Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)
facebook:Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)

こちらが、その「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」のビール画像です。

サノバスミス(ピッカーズディライト)_ボトル01
サノバスミス(ピッカーズディライト)_ボトル02

「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるくすんだ感じの黄色ですね。
香りは、リンゴの華やかな甘い感じが優しく伝わります。
飲み口は、リンゴの酸味が優しく蜜を思わせてしまう甘さも優しく感じれ凄く飲みやすい!。ホップさは奥深くに何か“アノ”気になるのを感じるのだが主張され過ぎてなく、リンゴのフレーバーと後味に果実のフレッシュさを感じるほど。意外にも持続が控えめな余韻でしたが、柑橘系を少しながらもアルコール度数6.5%の高さも良かったし、炭酸が強めがまた良かった。ボディはライトでドライな中にコクも感じ、甘さが程よいという感じの全体的なバランスが取れた味わいは素晴らしかったです。ええ、ビアっぷるは非常に好みでした^^

この「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」ですが、今回使われたリンゴは宮嶋林檎園さんと小澤果樹園さんが台風被害にあったリンゴを使用された様ですが、一生懸命育てた物が被害に遭ってもこうやって使って頂けると農家さんも嬉しいですよね!で、“シナノスイート”を主に“紅玉”も使われてる!?様です。またドライホップにネルソンソーヴィンを使われてるのかな?若干モザイクホップさんがいる気もしないでもないが、確信が持てなく気の所為だろうなwww。それでもやはり全体的なバランスが整ってますし、“宅飲み”の影響から海外のハードサイダーを飲む機会が増え、多種多様だが好みが多いかも!?と思ってましたが日本でもこんなサイダーを醸造されるというのは、凄く嬉しいですね。また、南信州ビールさんのアップルホップにて散々リンゴは飲みましたのでアレとアレかぁという感覚なのも勝手ながら親近感が湧く。ボトルでこの味なら2020年5月14日のfacebookにてこの2バッチ目を自社で製造されたようで!?、“麦汁を使用しないリンゴ果汁100%のホップサイダー”との事で、松本ブルワリーさん製造とは違うだろうが、コレはコレで興味津々過ぎて是非とも飲んでみたいですね。

コレは工場内の画像かな!?

何と言ってもようやく自社醸造が可能となり、総投資額が約4,200万円という工場内の画像(間違ってたらすいません…)???

サノバスミス(工場内)_イメージ01

がfacebookにありましたが、非常にカッコいいですし画的な部分のセンスにもビアっぷるは好みと感じました。今後も日本のHard Cider文化を広めてもらえると信じたいですね。そしていつか、併設されたというブルーパブが開けば、お邪魔したいと思うビアっぷるでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は大町市にある『Son of the Smith Hard Cider(サノバスミス)』さんの「PICKERS’ DELIGHT(ピッカーズディライト)」をご紹介しました。中々手に入りにくいサイダリーさんのサイダーですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る