【宮崎】KIRISHIMA BEER(霧島ビール):「ペールエール」を樽で飲んでみました~

KIRISHIMA BEER 画像

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先日、珍しく宮崎県のKIRISIMA BEER(霧島ビール)さんのペールエールが繋がっており、初となりますが樽で飲んでみました~。因みに宮崎県といえばクラフトビールで『ひでじビール』さんが超有名ですが、KIRISIMA BEER(霧島ビール)さんは、赤霧島、黒霧島、茜霧島等々で有名な霧島酒造さんのビール部門と言ったらよいでしょうか。地ビール時代からのブルワリーさんですが関東でもなかなか繋がってるのをみないので興味津々(@_@)

ビール名:ペールエール
ブルワリー名:KIRISIMA BEER(霧島ビール)
URL:https://www.kirishima.co.jp/brand/beer/
スタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:5.0%
※詳細は公式サイトをご確認くださいませ

はい、コチラがビール画像になります。

KIRISHIMA BEER ペールエール

見た目はやや濃い茶色って感じでしょうか。また、香りはアメリカンペールとの事ですがホップ感と言いうよりほのかに甘味を感じる不思議な香り。飲み口は、ホップの苦味を覚悟していたが、ほとんど苦みは感じれずじまいなのは良かったが、喉を通る際にはちょっと水っぽいのが気になる。ビールとしてのバランスは取れてる気がしましたが、残念ながらビアっぷるは好みではないが飲みやすいビールですね^^;

えっと、霧島ビールさんはこのペールエールのほかに、
・ピルスナー(5%)
・アンバー(5%)
・スタウト(5%)
・日向夏(5%・フルーツビール)

と、何れもアルコール度数5%という事ですが、ビアっぷる的にはやはりピルスナーを飲んでみたい!!が、どうやらジャーマンスタイルの様で好みではない気がするがこればかりは飲んでみないとわかりませんからねwww

また、“日向夏”はひでじビールさんでも日向夏ラガーがあるように、宮崎県では特産で有名ですよね~。その日向夏を使ったフルーツビールも醸造しており、これも機会があったら樽で飲んでみたい(@_@)

そんなKIRISIMA BEER(霧島ビール)さんですが、2016年に霧島酒造さんが創業100年周年を迎え、これを機に霧島ビールのリニューアルからラベルを一新された様で

かなりオシャレになりましたね!このセンス好きです^^;

名水『霧島裂罅水(きりしまれっかすい)』を使用したビールと美味しいビールを醸造するには水も必須ですからね。環境に恵まれてる地域だからこそ焼酎やビールを醸造できるんですね~。なかなか関東近郊では樽で飲むのも難しそうですが、通販サイトもお持ちですので気になる方は是非購入してみてください。はい、ビアっぷるはひたすら樽に拘るので次回ピルスナーが樽で繋がってる事を願いながらチェックしたいと思います。

はい、という事で今回は、宮崎県は都城市にある『KIRISIMA BEER(霧島ビール)』さんから 「ペールエール」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~♪

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る