【東京】クラフトロックブルーイング:「Hoppin’ a Ride」を樽で飲んでみました~

クラフトロックブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログでは初登場となりますが、東京は日本橋にある『CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)』さんより、「Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。初ブルワリーさんだけに飲むビールは…やはり“ラガー”を選びましたが、果たしてどんな感じでしょうか( ´∀`)

クラフトロックブルーイング(ブルーパブイメージ)_01

『CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)』さんより、「Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)

ビール名:Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)
ブルワリー名:CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)
スタイル:ホッピーラガー
アルコール度数:5.0%
IBU:35
URL:CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)
facebook:CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)

それでは「Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)」のビール画像はコチラです。

クラフトロックブルーイング(ホッピンアライド)_01

『CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)』Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド) 詳細

見た目は、薄濁りな感じのくすんだ黄色かな。
香りは、ややグラッシーさを感じるホップな感じかな。
飲み口は、ホップの苦味は喉奥までも残る感じで持続性も高いかな。また、求めてる甘さはなく、特にホップのグラッシーさが口中に残るのがかなり苦手かな。ボディはミディアム寄りのライトな感じですが、スイスイ系ではないかな。ホップの持続ある苦味にグラッシーさが強めに出た部分が気になり、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

ホッピーでグラッシーさがポイント

この「Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)」ですが、ホップはエラ(Ella)をメインに使い、ギャラクシーを少し使ってホッピーに醸造されたラガーだそうです。という事でビール名からは苦味が強そうなのは想定できたが、このグラッシーさは想定外www。また、ホッピーという事で特徴が出そうなホップ由来のトロピカル(パッションフルーツ?)さが出てると思いきや、とんど感じれなかったかな。久しぶりにグラッシーさが強く出たビールを飲んだが、穏やかなグラッシーさだと良かったが、ホップを好む方との好き嫌いがはっきり出そうなビールというイメージ。今回クラフトロックブルーイングさんのビールは始めてだけに慎重に選んで飲んだビールで、しかもラガーだったが…ビアっぷるとは好みの方向性が違う感じでしたwww。今度は期間を開けて、またタイミングがあれば飲んでみようと思います(^_^;)

昨年醸造開始の新規ブルワリーさん…

このクラフトロックブルーイングさんですが、2019年の昨年より醸造を開始されております。ビアバーで有名なクラフトビアマーケットさんを手掛けるステディワークスさんがブルワリー事業を始められたという感じですね。他にも事業はある様ですが、今や“立ち飲みビールボーイ”も入れれば13店舗?もあるビアバーを手掛けてる上に、ブルワリー事業と勢いに乗られてる感じで新型コロナ影響で中止になったが、以前このブログで紹介した『CRAFT ROCK CIRCUIT(クラフトロック サーキット)』も手掛けてる企業さん。クラフトビール業界には大貢献して頂いてる企業さんで、ビアっぷるはとても嬉しいですね☆

あ、ヘッドブルワーさんは浜松町等にある人気のデビルクラフトさんにて醸造されてた方でしたね。ビアっぷるが少々苦手な味なのでその部分が残ってる可能性が…と、敢えて醸造開始直後ではなく個性が出る頃かな?と思えるこの時期にタイミングも重なり飲んでみました。が、結果的に好みは人それぞれと言えどラガーでもここまでホップの苦味が強く出る部分はビアっぷるの舌には…と、申し訳ないが思いましたwww。

とは言えこのコロナの影響があれど、既にファンがたくさんいるのをビア仲間から聞きましたし、企業としてバックボーンもしかっりされており造りたいビールが造れてる環境そうな気はします。今後もクラフトビール業界を盛り上げるべく色々と頑張って頂きたいですね!次回は、ヘイジーかピルスナーが飲めるといいなぁ~( ´∀`)

はい、という事で今回は、東京は日本橋にある『CRAFT ROCK BREWING(クラフトロックブルーイング)』さんより、「Hoppin’ a Ride(ホッピンアライド)」をご紹介しました。ホップのグラッシーさが好みな方は合うと思います。機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る