【静岡】Kakegawa Farm Brewing:「メロックスエール2020/V2」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、2バッチ目となる「メロックスエール2020/V2」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。納得がいきましたが1バッチ目の『メロックスエール2020』が大人気だったという事から、再度醸造へ至った様でこのビールのファンのビアっぷるとして有り難い事ですね( ´∀`)

カケガワファームブルーイング(トップイメージ)_03

『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』メロックスエール2020/V2 詳細

ビール名:メロックスエール2020/V2
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ホワイトエール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:BUCKET HERE
facebook:Kakegawa Farm Brewing

こちらが「メロックスエール2020/V2」のビール画像になります。

カケガワファームブルーイング(メロックスエール2020/V2)_01

メロックスエール2020/V2」飲み応えレビュー

見た目は、変わらず薄濁りの黄色という感じでしょうか。
香りは、メロンが弱くなってる…
飲み口は、ホップの苦味は控えめも後味に微かな苦味を感じたかな。また、求めてる甘さはなく意外にもメロン感が…味、フレーバー共に弱く感じる上に、前回同様水っぽいとまでは言わないがかなり薄い…前回のと比べ????だが、ボディはライトで飲みやすいのは間違いないが飲み応えも減っており、残念ながらビアっぷるは好みではありませんでした^^;

意外にもメロン感が…

この「メロックスエール2020/V2」ですが、facebookに詳細がないので前回同様とう感じかな?ただ、感想でもお伝えした通り2020の1バッチ目に比べ2バッチ目はメロン感やボディ感も含めやや薄めで軽く感じるのは気の所為だろうか?特に香りのメロン感がほとんど感じれなかったのと、甘さ、飲み応えと全体的にメロン感が弱まった印象を感じました。きっと同じアローマメロンを使ってるでしょうが糖度とかが1バッチ目の時より弱かったのかな?とも思ってしまうが、1バッチ目が断然好みなビアっぷるです。まぁ、良い意味でこういう事もあるのがクラフトビールですからね。ビアっぷるは全て機会に頼るところではない、今でも“手造りらしさ”が出るブルワリーさんの方を応援したくなるんですよね。って、最近他の種類をあまり見かけず飲める機会が減ってるのは非常に残念だが…2018年から飲んでるこのメロックス。次はメロックスエール2021かな?次回のメロックスも非常に楽しみしているビアっぷるでした~( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、2バッチ目となる「メロックスエール2020/V2」をご紹介しました。人の舌は十人十色、そして今年のメロックスを飲まれてない方はチャンスですよ!皆さんも見つけたら是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る