秩父麦酒(ちちぶびーる):「波乗りくまⅨ」を樽で飲みました~

秩父麦酒(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、ビアスタイルがWest Coast IPAとの事で「波乗りくまⅨ」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。秩父さん久しぶりのビールがヘイジーに疲れた方への“ウエストコーストIPA”との事で、ビアっぷるは未だ飲み疲れはしていませんが、せっかくなので飲んでみました( ´∀`)

『秩父麦酒(ちちぶびーる)』波乗りくまⅨ 詳細

ビール名:波乗りくまⅨ
ブルワリー:秩父麦酒(ちちぶびーる)
スタイル:West Coast IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:25
URL:秩父表参道Lab.
facebook:秩父麦酒(ちちぶびーる)

コチラがその「波乗りくまⅨ」のビール画像です。

秩父麦酒(波乗りくまⅨ)_01

波乗りくまⅨ」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーで琥珀色に近い感じかな。
香りは、正にウエストコーストらしいしっかりした感じが良いですね。
飲み口は、ホップの苦味は控えめだが後に少しだけ残る程度かな。また求めてる甘さはないのだが、何よりこのホップの感じは?とかなり微妙…。味が薄くコクがなく、そしてあるこーつさが強く出てホップフレーバーがかなり負けてる印象。ボディはライトだが、パイントが進まない…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした( ´∀`)

この「波乗りくまⅨ」ですが、ホップはネルソンソーヴィンとモトゥエカの2種かな?。ビールコメントには『白ワインの様なフルーティーさにシトラス感が…』との事だが、白ブドウ感は殆ど感じれず、シトラス感はややあったかな。勿体ないなぁ~と感じたのは、アルコール度数7.0%に香りがウエストコーストIPAらしくしっかり出てるのは興味をそそられたが、TKBrewingさんの『ALL Together(West coast IPA)』とはまたかなり違い、ホップフレーバーがかなり負けてアルコール感が前面に出過ぎてせっかくのビールが、ビールという感じには思えなかったのは残念。アルコール度数ではなくアルコール感をもっと抑えてホップを強調できれば違った気がしたが、人の舌は十人十色ですからあくまでもビアっぷるの好みですので悪しからず(^_^;)

毎回恒例の新ポップは!

そして毎度の事ながら気になる今回のポップはコチラ。

秩父麦酒(波乗りくまⅨ)_イメージ01

うん、熊さんが波に乗って天使の輪っか?と天使の羽を付けてノリノリで相変わらず可愛い。クマさんの絵はいくつかツッコミたくなる箇所があるのだが、それがまた良い意味で可愛いんですよね。この全体的に絶妙なバランス感が素晴らしく、かなりの確率で和んで癒やされるポップ感でした☆

3度めの47tapの“タップテイクオーバー”開催予定

あ、そういえば2020年10月23(13~23:30)、24日(11:30~23:30)にて、Ibrew秋葉原店さんにて3今年も『秩父麦酒醸造3周年 47 TAP TAKEOVER』を開催されるそうですね!しかしこれ3度目の47種類のビールのタップテイクオーバーになるのかな?タップ数がなんといっても凄いなぁwww。これぞビアっぷる納得のタップテイクオーバーという言葉がハマります。きっとディスタンスも考慮されつつ開催されると思いますが、興味のある方は是非参加をしてみてはいかがでしょうか( ´∀`)

はい、という事で今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、ビアスタイルがWest Coast IPAとの事で「波乗りくまⅨ」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る