【大阪】Marca Brewing:「BELGIAN WHITE」を樽で飲みました~

Marca Brewing(ロゴ)_01newnew

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は北堀江にある『Marca Brewing(マルカブルーイング)』さんより、「BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ベルジャン系は好みが少ないのであまり飲まない様にしてるのですが、今回のバッチはオレンジをたっぷり使ったとのコメントから、飲んでみる事にしました( ´∀`)

Marca Brewing(マップ)_イメージ01NEW

『Marca Brewing(マルカブルーイング)』BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト) 詳細

ビール名:BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)
ブルワリー:Marca Brewing
ビアスタイル:ベルジャンホワイト
アルコール度数:5.0%
IBU:10
URL:Marca Brewing(マルカ ブルーイング)
facebook:Marca Brewing(マルカ ブルーイング)

こちらが「BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)」のビール画像になります。

BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)」飲み応えレビュー

Marca Brewing(ベルジャンホワイト/2020)_01

見た目は、クリアーな黄金色ですね。
香りは、オレンジ感が凄く出てベルジャン感が控えめな感じかな
飲み口は、ホップの苦味はなくオレンジ感がベルジャン感を上回っており今までのベルジャンとは一味違う。また求めてる甘さはないが小麦の甘さが優しくて、オレンジの甘さをも少し感じるかな。そして苦手なコリアンダーさんがオレンジ感で絶妙なバランスに控えめになており有り難い。ボディはミディアムで飲み応えもありとても飲みやすくビアっぷるは好みな方のビールでした^^

『善兵衛農園』さんのオレンジ

Marca Brewing(ベルジャンホワイト/2020)_イメージ01

この「BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)」ですが、ホップは初めて聞いたミッテルフリューのみを使われてます。そして原材料には、和歌山県は『善兵衛農園』さんのオレンジをたっぷり投入し、ってオレンジピールは使わずという認識でいいのかな?、コリアンダーを使い、酵母はベルジャンウィットにて醸造されたホワイトビールですね。

ベルジャンホワイトが苦手でも飲んでみる価値あり!

これですね、正直ミッテルフリューというホップがどの味かはわからなかったので何ともですが、良い意味でオレンジをたっぷり使ったんだなと思える程オレンジ感の味や甘さコクが凄く強く出ており、コリアンダーさんが控えめになってる事でベルジャン系が苦手なビアっぷるでもスイスイ飲めましたし、ベルジャンホワイトが苦手な方でも比較的飲みやすいと思われますよ。ビアっぷる的には他のブルワリーさんも含め、過去飲んだベルジャンホワイトの中では1番好みなビールと思えるベルジャンホワイトでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、大阪は北堀江にある『Marca Brewing(マルカブルーイング)』さんより、「BELGIAN WHITE(ベルジャンホワイト)」をご紹介しました。オレンジが強く出たベルジャンホワイトですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る