【静岡】Repubrew:「Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」を樽で飲みました~

リパブリュー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ブリュットIPAは国内ではあまり醸造されなくなってきてるので、コレは興味津々で飲まねばと飲んでみました~( ´∀`)

リパブリュー(Warrior Brut IPA)_イメージ01

『Repubrew(リパブリュー)』Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA) 詳細

ビール名:Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)
ブルワリー:Repubrew(リパブリュー)
ビアスタイル:Brut IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:10
URL:Repubrew(リパブリュー)
facebook:Repubrew(リパブリュー)

こちらが「Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」のビール画像になります。

リパブリュー(Warrior Brut IPA)_01

Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアーな黄金色ですね。
香りは、柑橘系を思わせるのは良かったがホップ?か気になる…
飲み口は、ホップの苦味はほとんど感じられないが喉奥で程よく残るという感じでしょうか。そして求めてる甘さは、ビアスタイル的な事もありそうですが感じれませんでした。また柑橘(特にレモン感?)を思わせる味が複雑で、フレーバーもちょっと苦手かな。ボディはライトでドライではあるが、コクもなくスイスイ系のはずがパイントが中々進まなかった。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

柑橘系を思わせるブリュットIPA

この「Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」ですが、ホップはアマリロ、シトラ、エクアノット、パリセード、チヌーク、そしてウォーリアを使ってるのかな?。またモルトにはPale 2 Rowはともかくオーツも使ってるんですね。ビアスタイルがブリュットIPAという事で、基本的に糖度はほとんど感じれずだったので残糖を残さないのは感じれたが、いかんせんボディがビアっぷるには弱過ぎた。またこのウォーリアなのか?これだけのホップを混ぜてるので何ともだが、味が独特で好みとまでは…やはりブリュットIPAは、日本ではそこまで好まれるスタイルではないと思ってますし他のブルワリーさんの“拘り”等を見ていると、かなり拘りに拘らないとレベルの高い好まれるブリュットを醸造するのは相当難しいビールの様ですね。

ブリュットIPAって…

因みに、人の舌は十人十色で好みがある上にクラフトビールは嗜好品という事は大前提になるのだが、ビアスタイルで“ブリュットの括り”とすれば、南横浜ビール研究所さんの『ブリュットIPA』が、変態さん(褒め言葉です)が造るビールだけに、今のところかなり好みと感じれてるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「Warrior Brut IPA(ウォーリア ブリュット IPA)」をご紹介しました。ビアっぷるには独特な味に感じましたが、好みは人それぞれですからね!皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る