【北海道】のぼりべつ地ビール鬼伝説:「フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。鬼伝説さんでは有名なフランボワーズですが、あまり飲まないビアっぷるで“ver.5”とかあったんですね!?。全く知りませんでしたが、せっかくなので飲んでみました( ´∀`)

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』フランボワーズ(セゾンイーストVer.5) 詳細

ビール名:フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
スタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.5%
IBU:12
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(フランボワーズ/セゾンイーストVer.5)_01

フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある赤みやピンクな感じではあるが…
香りは、フランボワーズというよりは酵母の感じか?表現が難しい。
飲み口は、ホップの苦味ほ控えめで持続性もないに等しいかな。また、求めてる甘さもない。そしてフランボワーズのフレーバーと味を程よく感じながら酸味が意外にも優しめ。ボディはライトで飲みやすいのは飲みやすいが…何かもう一押し欲しく、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

今までとの違いは2点かな!?

この「フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」ですが、ホップの記載を見つけきれずわかりませんでした。また過去ヴァージョンが1~4まであるのでしょうが、今回は…
・発酵温度変更
・フランボワーズピューレを大幅増量

この2点が今までのと違いという事かな?。

フランボワーズのピューレを増量された

フランボワーズピューレを今までより多くしたという事で、そのフランボワーズ感が全面に出るかと思いきや、程良いという感じが敢えて狙いでもあり、飲み後にセゾン感が追いかけてくる感じかな。ビアっぷる的にはもっとフランボワーズ感が欲しいのだが、ビアっぷるがお伺い出来る範囲のビアバーではほとんど見かけないので飲む機会がないのだが、フランボワーズのビールがある事は当然ながら知ってたが、金鬼シリーズ同様これだけのヴァージョンが出てるって事は人気シリーズなんですね、さすが鬼伝説さん。今後は機会があれば意識して飲む様にしてみようと思います( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんと、「フランボワーズ(セゾンイーストVer.5)」をご紹介しました。優しいフランボワーズビールという感じですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る