【愛知】ワイマーケットブルーイング:「5Hops Groove IPL」を樽で飲みました~

Y.MARKET BREWING(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。さすがに今回は好みではない気がするが、IBUは思ったより低いので飲んでみる事にしました(^_^;)

ワイマーケットブルーイング(イメージ画像)_01

『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL) 詳細

ビール名:5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING
スタイル:India Pale Lager
アルコール度数:7.0%
IBU:27
URL:Y.MARKET BREWING
facebook:Y.MARKET BREWING

コチラがその「5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)」のビール画像です。

ワイマーケットブルーイング(ファイブホップスグルーヴIPL))_01

5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)」飲み応えレビュー

見た目は、バックの文字が写り込んでしまい恐縮ですが…逆にそれだけ色味はクリアーで黄金色さが際立ってます
香りは、モザイクさんを感じつつホップが強めで華やか
飲み口は、ホップの苦味はやや控えめも舌奥でやや残る程の持続性があるかな。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーの華やかさと、ホップ由来であろう柑橘さとトロピカルフルーツさ感じるかな。ただ…モザイクさんがひょっこり顔を出すwww。ボディはライトでスイスイ系でキレがあり余韻が残るのは良いのだが…飲み応えが物足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

アメリカンホップを5種使用!

この「5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)」ですが、ホップはビール名に“5Hops”と記載されてる通りでシムコー、センテニアル、そしてエクアノットにシトラ、最後にモザイクさんの5種が使われてますね。今回のビールはアメリカンホップを主にやや軽めな苦味と柑橘やトロピカル感が出るホップを生かしたビールで、ビール名に恥じないビール感はさすがのワイマーケットさん。

ホップの苦味は、今の時代と共に弱めに…

4連発で当たってたビールでしたが、今回は好みではないビールとなりました。が、やはりワイマーケットさんも昔の“らしさ”と思えるホップの苦味が今回もかなり弱めと感じた。ただ全ビールを飲んでる訳ではないのでもちろん苦いビールは醸造されてるかもしれないが…、そしてワイマーケットさんだけに言えた事ではないが、ヘイジーIPAがこれだけ人気で即完売に近い時代だけに明らかにホップが強いビールは比較的少なくなってますよね。ビアっぷるはそもそもモルト派でホップが強めは苦手でしたが、今の時代には有り難く便乗させてもらってます(^_^;)。“時代は繰り返す”と良く言いますので、またホップガンガンな時代も来るのかな???…と思いつつ、今はしっかりホップ弱めを堪能させて頂いてるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、「5Hops Groove IPL(ファイブホップスグルーヴIPL)」をご紹介しました。アメリカンホップ好きでキレのあるビールを好む方には合いそうなビール。そんな方には機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る