【東京】VERTERE(バテレ):「Rhoeas(ロエアス)」を樽で飲んでみました~

VERTERE(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Rhoeas(ロエアス)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。相変わらず独特なビール名でそそられますが、今回はウエストコーストIPAですか…。ビアっぷるにとっては紙一重なビアスタイルですがどうでしょうか?👀

VERTERE(ロエアス)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』Rhoeas(ロエアス) 詳細

ビール名:Rhoeas(ロエアス)
ブルワリー名:VERTERE(バテレ)
スタイル:West Coast IPA
アルコール度数:6.5%
IBU:60
URL:VERTERE(バテレ)
facebook:VERTERE(バテレ)

こちらが「Rhoeas(ロエアス)」のビール画像になります。

VERTERE(ロエアス)_01

Rhoeas(ロエアス)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな黄金色という表現が好ましいかな
香りは、ホップ由来であろうシトラス香がしっかり感じれ良い感じ
飲み口は、ホップの苦味はIBU60ながらかなり控えめで持続性もないというのが第一印象だったが温度が上がると…苦い!。また求めてる甘さもない。そしてホップフレーバーがホップの味が強いという印象から松の木や柑橘系を思わせシトラス感がかなり強く感じるかな。ただそれ以外の特徴が…と、予想通りシンプルで苦味のあるIPA。しかし…温度が上がり更に苦味が増す印象。ボディはライトでしたが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした😅

シンプルで苦味のあるウエストコーストIPA

この「Rhoeas(ロエアス)」ですが、ホップはコロンバスにセンテニアル、カスケードにアイダホ7、そしてモザイクホップさんの計5種を使い醸造されたウエストコーストIPA。そして酵母はアメリカンイーストの様です。飲み終わった後に記憶に残ったのが2点で、1点はモザイクさん“らしさ”をそこまで感じなかったのが意外だったかな。もう1つは“余韻”が長い…飲み込んだ後に独特な味わいとジワジワな苦味がずっと残ってました。結論ビアっぷるは独特な感じも苦手でしたが、以前のバッチは飲んでおらず比べられないが、“甘さ”を感じる方が多そうですね…今回のバッチは甘さがほとんど感じれないと思いました。ただ、きっとウエストコーストスタイルが好みな方にはシンプルさの中からホップのバランスも含めうまくまとまっており気に入られる方は多そうですね!

“SOLD OUT”のクリスマスボックが…

しかしバテレさんは相変わらず人気で、公式サイトのオンラインショップでは今回も見に行ったが常に完売の状況。もうSOLD OUTながら凄く気になってたのが…

VERTERE(クリスマスボックス/2020)_イメージ01

この『Christmas Sour』と『Christmas Stout』にオリジナルグラスが付いてくるクリスマスボックス。特に後者のStoutはアルコール度数10%でデザートの様なスタウトとくればビアっぷるの好みかも!?そしてこれ以外でのグラスの販売も予定はされてないとの事で貴重なグラスになりそうです🍷。ビアっぷる的には“樽”で飲めるかが気になるが…もし飲める機会があれば、是非とも飲んでみたいですね✨

はい、という事で今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Rhoeas(ロエアス)」をご紹介しました。ウエストコーストIPA好きの方には是非とも飲んでもらいたいかな。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る