奈良醸造×Kakegawa Farm Brewing:「8-BIT(10か月熟成ver.)」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんから、「8-BIT(10か月熟成ver.)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このビールは以前Kakegawa Farm Brewingさんとのコラボで醸造された『8-Bit』の10ヶ月熟成バージョン🍺との事。熟成期間を経て円やかさや甘さ等が出てるかな?と思い飲んで見る事にしました~😄

奈良醸造(マップイメージ)_01

ビール名:8-BIT(10か月熟成ver.)
ブルワリー:NARA BREWING.co(奈良醸造)×Kakegawa Farm Brewing
ビアスタイル:ベルジャンスダークエール
アルコール度数:8.6%
IBU:25
facebook:NARA BREWING.co(奈良醸造)
facebook:Kakegawa Farm Brewing

それではコチラがその「8-BIT(10か月熟成ver.)」のビール画像です。

奈良醸造(8-BIT/10か月熟成ver.)_01

見た目は、真っ黒さから光加減でやや赤褐色にも!?。
香りは、優しいチョコレートの様な感じがします
飲み口は、ホップの苦味は以前もそこまで感じなかったが控えめで持続性もないかな。また以前に比べ求めてる甘さまでのレベルには至ってないが、微感じるかな。完熟バナナ感やチョコレート感、そして飲み込んだ後にくる熟成感にアルコール全開なフレーバー、これで酔いがかなり回った印象。以前もさほど感じなかったベルジャン感はほぼ消えた感じ。ボディはミディアムで全体的に熟成の効果か以前感じた“水っぽさ”はなく、グッとビールが締まった印象。ただハイアルからくる甘さが足りず、残念ながら好みではありませんでした😅

この「8-BIT(10か月熟成ver.)」ですが、ホップは当然ながらリバティ、メルクール、カスケードの3種でモルトなども以前と変わらず。そりゃそうですよね、以前醸造されたのをそのまま熟成しただけですから。大きな違いは“10ヶ月間熟成”されて出てきたという事。ビールが全体的に以前に比べどっしりし、円やかさを帯びた感じはしましたね。ただ熟成でビアっぷるが求めてる“甘さ”の部分で好みや人の舌の感覚にもなるので何ともだが…8.6%のハイアルコールながら、意外にもほとんど感じれなかったがこれぞ“大人の熟成ビール”という感じとも思いました。

そして今回のWEBフライヤーですが、ビールコメントも含め単に熟成期間が延びただけで変更はないかなと思いましたが、ボトルの方で少し変更されてたのがあったのでそちらを。

奈良醸造(8-BIT/10か月熟成ver.)_flyer01

こんな感じでコントローラーの箇所が水色と緑色に!!と、コレはコレで非常に面白く斬新な絵ですね。過去を振り返っても独特な絵が多く感じ、正にアートという言葉が合いそうです。あ、、、『NUTS AND MILK』というビールがありますね!これファ◯ミコン時代にビアっぷるはよくやってたゲームだがそれをイメージしたのかな?と思いつつ、非常に興味をそそられるビール名でした👀

はい、という事で奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』×Kakegawa Farm Brewingさんから、「8-BIT(10か月熟成ver.)」をご紹介しました。相変わらずだがブレが少なく奈良醸造さん“らしさ”が強く出たビールという印象。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る