【静岡】ウエストコーストブルーイング:「KAMECLO(カメクロ)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、東京は亀戸にできた3号店の“びあマ亀戸”さんとのコラボビール「KAMECLO(カメクロ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。WCBさんとのコラボビールと言えば…断然バテレさんとの『Window to VERTERE(ウインドウトゥバテレ)』が好み✨。さて、今回のコラボビールはどんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング×びあマ亀戸(カメクロ)_webフライヤー01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)×びあマ亀戸』KAMECLO(カメクロ) 詳細

ビール名:KAMECLO(カメクロ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:セッションIPA
アルコール度数:4.5%
IBU:???
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:びあマ亀戸

コチラが「KAMECLO(カメクロ)」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング×びあマ亀戸(カメクロ)_01

「KAMECLO(カメクロ)」飲み応えレビュー

見た目は、超が付くほどクリアで綺麗な黄金色
香りは、柑橘でフルーティーさを感じる爽やかさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そして爽やかでジューシーなマスカットの様な味を感じつつ、ちょい柑橘さのホップ感が後追い。飲み後には甘さが微あり、苦味はほぼ残らないかな。ボディはライトでドリンカビリティさを感じれる飲みやすさだがドライさが苦手。残念ながらビアっぷるの好みには至りませんでした💦

よもやのセッションIPA

この「KAMECLO(カメクロ)」ですが、冒頭でも触れた様に東京・亀戸に“びあマ”さんが新たにできたそうです。ビアっぷるは海外ビールを基本好まないのと、缶やボトルを購入するお店は決まってるので3店舗全て行く機会が極めて少ない😅。ただ、大人気のお店ですし種類も豊富ですので是非興味のある方は足を運んでみてくださいね~✨。さて、それでは今回のコラボビール🍺ですが、ホップはアマリロにカスケードとレモンドロップの3種類の様です。また、その他原材料にはグレープフルーツ果汁にラクトースを加え醸造されたセッションIPAとの事。正直スタイルも何も見ず注文をし、飲ませてもらう前はてっきりヘイジーIPAと思ってましたが良い意味で期待を裏切ってくれた超ゴールド色でビックリ😵。WCBさんのコラボでゴールドなビール🍺に何か新鮮さを感じて良いなぁ~と思った反面、好みは人それぞれですが何よりビアっぷるがあまり好まないドライさ。きっと“ドライで爽やかな飲みやすさ”を求める方にはドリンカビリティさも感じれて良いのでは?と思いました。今やクラフトビール業界では、ブルワリーさんや販売店は異常なほど加速してるのを目の当たりにしているビアっぷるです。が、反面新たな飲み手が増えてこないと需要と供給のバランスが…と、思っているビアっぷる。敢えて深くツッコミませんが、今後の業界が別の意味で気になっているビアっぷるでした😅

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「KAMECLO(カメクロ)」をご紹介しました。爽やかさの残るライトなビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る