【静岡】アオイブリューイング:「Paid Vacation IPA」を樽で飲みました~

アオイブリューイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、惜しまれながら廃業となった静岡県は静岡市の『AOI Brewing(アオイブリューイング)』さんから、「Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)」を樽で飲めましたのでご紹介したいと思います。ひょんな事から何故かアオイさんの🍺が飲める環境にビックリしましたが、残念ながらこれが飲み納めになりそうですね…😞

『AOI Brewing(アオイブリューイング)』Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA) 詳細

ビール名:Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)
ブルワリー名:AOI Brewing(アオイブリューイング)
ビアスタイル:ブリティシュIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:30.5
URL:AOI Brewing(アオイブリューイング)
facebook:AOI Brewing(アオイブリューイング)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリい入れます

コチラがその「Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)」のビール画像です。

アオイブリューイング(ペイドバケーションIPA/2021)_01

Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアさんのある濃い綺麗なブラウン系
香りは、モルトの優しく心地良さがGOOD
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性もないかな。また求めてる甘さかというか加糖された様な甘さ!?を感じつかな。そしてモルトのフレバーがふくよかで、飲み後には程よい甘さとほろ苦さが合わさり絶妙なバランス、そして深みのあるモルティさと余韻がたまらない。ブリティッシュ系が苦手なビアっぷるですが、ボディはライトで飲みやすく飲み応えもあり、好みな方のビールでした✨

定番ビールのブリティッシュIPA

この「Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)」ですが、アオイさんの定番ビールですね。ホップ等の🍺詳細は探せど廃業の関係で公式サイトがfacebook以外は閉鎖されており見つけきれず。また、ビアっぷるはAOIさんの🍺を約10種類近く紹介させて頂いてますが、アオイさんの🍺を飲める環境が少なく、結論飲めずじまい。まぁ、ビアスタイル的に派手さがないのもあるが、ブリティッシュIPAがあまり好みではないビアっぷる。しかし今回は、長年クラフトビールを飲んでる中で定番ビールを飲んでないのは情けないな…と素直に反省💧。今回はたまたま飲む機会に恵まれたが、もう後の祭りで飲めない状況…モルトの深みとほろ苦さに甘さのバランスが良く、とても飲みやすかったですね。惜しまれての廃業で未だにピンと来ないビアっぷる…遅いのは百も承知だが、最後にアオイさんのブリティッシュIPAの良さをしれて良かったと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『AOI Brewing(アオイブリューイング)』さんから、「Paid Vacation IPA(ペイドバケーションIPA)」をご紹介しました。ひょっとしたらどこかで飲めるかも!?ですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る