【山梨】うちゅうブルーイング:「イクアミニティ/No.321」を缶で飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321」を缶で飲んだのでご紹介したいと思います。先日の『MAGIC(マジック)/No.319』の様に、買いに行けば定期的に購入出来るようになっても相変わらず大人気のブルワリー、ちゅうさん。好みは人それぞれですが、拡張後でまだ好みな🍺に巡り合ってんないだけにそろそろ…😅

うちゅうブルーイング(イクアニミティ/No.321)_イメージ01

『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321 詳細

ビール名:EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:DDH DIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(イクアニミティ/No.321)_缶01
うちゅうブルーイング(イクアニミティ/No.321)_缶02

EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある山吹色という感じでしょうか
香りは、ややグラッシーさも感じるが甘さも感じる不思議さ
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性も舌奥で残るかな。また求めてる甘さはない。そしてトロピカル感を少し感じるホップフレーバーが後の方に感じるが思ったよりかなり控えめ。また加糖された甘さが感じられるが、ホップの苦味がグッときてあっさり掻き消される印象。ボディはミディアム寄りのライトでアルコールさを感じるのと、コクや飲み応えが感じれず水っぽさはないが薄い。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

GOLDやSUNの様な…

この「EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321」ですが、ホップはシトラとシトラインコグニート、モザイクインコグニート、サブロにアイダホ7の5種類を使用し、原材料には糖類を加え醸造されたDDH DIPAですね。最近インコグニートのホップが流行ってるなぁ…と思いつつ、このホップの特徴なのかもだが独特なグラッシーさ?というか青さ?という感じが気になる。そして今回の🍺に関して、ドライな感じであっさり感じる方もいると思うが『宇宙GOLD(うちゅうゴールド)/No.291』や『SUN(サン)/No.282』の様な、“加糖を感じさせない甘さ”や“濃さ”、そして“深み”が感じれなくなってると思えて残念💣。もちろん好みは人それぞれです、ただビアっぷるはうちゅうさん“らしい”あの濃いヘイジーIPAを求めてるだけ。次回はまだ飲んでない『BIRTH(バース)/№305』の予定ですが、好みな🍺となるといいなぁ~✨と思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「EQUANIMITY(イクアニミティ)/No.321」をご紹介しました。完売という事はファンが多く好まれてる🍺という事。皆さんももし手に入る機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る