【神奈川】さがみビール:「ピーチエール」をボトルで飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は厚木市にある『SAGAMI BEER(さがみビール)』さんから、限定醸造の「Peach Ale(ピーチエール)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。このブログでは2019年にお土産で頂いた『HAKONE BLACK(箱根ブラック)』以来…まぁ、今回もお土産で頂いた🍺となりますが、“”桃🍑”ですからね~✨どんな感じでしょうか😄

さがみビール(ピーチエール)_イメージ01

『SAGAMI BEER(さがみビール)』Peach Ale(ピーチエール) 詳細

ビール名:Peach Ale(ピーチエール)
ブルワリー名:SAGAMI BEER(さがみビール)
ビアスタイル:フルーツエール
アルコール度数:4.0%
IBU:???
URL:SAGAMI BEER(さがみビール)
facebook:黄金井酒造(さがみビール)

こちらが「Peach Ale(ピーチエール)」のビール画像になります。

さがみビール(ピーチエール)_ボトル01
さがみビール(ピーチエール)_ボトル02

「Peach Ale(ピーチエール)」 飲み応えレビュー

見た目は、薄濁の明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、桃という感じはするのだが…
飲み口は、ホップの苦味はなく持続性もほとんどないかな。また求めてる甘さもない。そしてホップフレーバーがかなり弱めで感じにくく、逆にピーチ感はまずまず感じれるが…思ったより弱めで独特な味のピーチ感?。飲み後には甘さが程よくあり、ホップの苦味が少しだけ余韻と共に残る。ボディはライトで飲みやすく、飲み応え自体もあるのだが残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

桃の🍺って難しいなぁ…

この「Peach Ale(ピーチエール)」ですが、ホップはわからず。また原材料には、ドイツ産のモルト100%に地元の厚木金田の井上桃園の『桃』をたっぷり使って醸造されたフルーツエールとの事。勝手ながら、今や国内の桃🍺の筆頭格と言えば箕面ビールさんの『桃ヴァイツェン』でしょうか。桃のビールは良さを引き出すのが凄く難しそうえですが、今回はモルトなのか?ホップなのか?酵母なのか?桃フレーバーはあれど桃の味自体の特徴が分かり辛いなという印象を受けた。特に桃ビールでも感じれる、“桃の爽やかさ”だったり、“ジューシーさ”だったり“甘さ”だったり“酸味”だったりと桃自体の特徴にも寄るし、感じ方は人それぞれも桃のフレーバーを感じれてもこの“井上桃園さんの桃の特徴”がピンと来なかったかな🤔。また、今風のビールというよりは昔ながらのビールという感じでコレはコレで良さがあるのだし、ファンも多いという事から“今年も醸造された”🍺の様です。ただ、こういうフルーツビールだからこそ是非樽(ドラフト)で飲みたいのだが…このコロナ禍では外で飲む事すら…そして、改めてビアっぷるの好みとなる桃ビールの難しさをも感じた1杯でした😅

はい、という事で今回は、神奈川県は厚木市にある『SAGAMI BEER(さがみビール)』さんから、限定醸造の「Peach Ale(ピーチエール)」をご紹介しました。桃感を感じれる🍺だが…好みは人それぞれ。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る