【愛媛】DD4D BREWING:「コールドIPA」をボトルで飲んでみました~

dd4d brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛媛県は松山市にある『DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)』さんから、「Cold IPA(コールドIPA)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『THE COMMODORE and the KITSUNE(ザ コモドレ アンド ザ キツネ) ~黒船来航~』とビール名が長く感じたコラボビールでしたが、今回はビアスタイルがコールドIPAとの事。さて、どんな感じでしょうか?😄

dd4d brewing(トップイメージ)_01

『DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)』Cold IPA(コールドIPA) 詳細

ビール名:Cold IPA(コールドIPA)
ブルワリー名:DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)
ビアスタイル:Cold IPA
アルコール度数:7.5%
IBU:53
URL:DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)
facebook:DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)

こちらが、「Cold IPA(コールドIPA)」のビール画像です。

dd4d brewing(コールドIPA)_ボトル01
dd4d brewing(コールドIPA)_ボトル02

「Cold IPA(コールドIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、泡が全く立たずでくすんだ明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、松っぽさを優しく感じるも嫌な感じではないかな
飲み口は、ホップの苦味はIBU53ながら意外に控えめで喉奥でジワジワ優しく残る感じかな。また求めてる甘さはない。そして優しい松っぽいホップフレーバーからの、甘さはなくジワジワ柑橘っぽさ?を感じる苦味は残るかな。何より飲み後のラガー酵母由来か?風味が素晴らしく、スッキリな感じに程よい甘さに飲み応えもあるのが印象的で好ポイント。ボディはミディアム寄りのライトでアルコール度数7.5%を感じさせない飲みやすさ。ビアっぷるの好みな方のビールでした✨

果たして“コールドIPA”の行方は!?…

この「Cold IPA(コールドIPA)」ですが、ホップはアイダホ7とモザイクホップの2種類を使われてる様です。そして原材料には麦芽や砂糖等などですが、低温発酵したバーバリアンラガー酵母をベースに使い醸造されたコールドIPAとの事。今回DD4Dさんが公式サイトにて、“Cold IPA”が初醸造の事を記載した詳細がありますので良かったら皆さんみてくださいね!。しかし“世界のトレンド”という感じで流行ってる様ですが…現に国内でもいち早く、うちゅうさんしかりノムクラフトさんやAJBさん、ビーイージーさん等がリリースされてます。ただ、こと日本で流行るか?となると…考え方は人それぞれを前提に、アメリカンPA好きが多い日本でヘイジーIPAは“IPAの中でもホップの苦味が控えめなbビールもある”という点が、ビアっぷるの様なホップの苦味が苦手な飲み手に好まれヒットしている1つの要因でもあると思っています。ただ、このコールドIPAは…ビアっぷるは先ず好まない確率が高そうな印象だが何か“IPA”っぽくない”印象。果たして日本で流行るのか!?は、やや疑問符を持つビアっぷるですが…とは言え、この破竹の勢いを持つヘイジーIPAブームに次ぐ新たなビアスタイルが普及して欲しい気もしてるが…現実的にそのヘイジーブームを上回る事は極めて困難と予測しているのはビアっぷるだけでしょうかね😅。まぁ、これでめちゃくちゃ流行ったらビアっぷるの見る目ないなぁ~という感じですが、その際は『ごめんなさい!』ですね😑。そんなこんなでビアっぷるは勝手に考える癖が付いてグダグダ言ってますが、本来はビールが流行るどうこうの前に“飲んだビールが好みか好みじゃないかで楽しく飲める”事が1番です🍺。今回は好みな方のビールでしたので、素直に良かったと思う様にしているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、愛媛県松山市にある『DD4D BREWING(ディーディーフォーディーブルーイング)』さんから、「Cold IPA(コールドIPA)」をご紹介しました。皆さんの舌にどんな風に感じるのかな?と思いつつ…皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る