【静岡】ウエストコーストブルーイング:「フルホップアルケミスト V18」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)」を樽(ドラフト)で飲めましたのでご紹介したいと思います。前回は『Historise(ヒストリーズ)』でしたが、今回はもうシリーズで18種類目になったのですね…さて、どんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V18)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18) 詳細

ビール名:Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーダブルIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V18)_01

Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)」飲み応えレビュー

見た目は、相変わらずのニゴニゴで鮮やかなオレンジ黄色
香りは、ダンクさ?とグラッシーさ?の様な微妙な感じも…
飲み口は、ホップの苦味は強めで舌先でも喉奥でも持続して残るという感じかな。また求めてる甘さはない。そしてホップ由来であろう?パイナップル感が強めに出ており、舌でピリピリでジリジリ感とホップの苦味が追いかけてくる。そして何より甘さで加糖された感じが苦手で珍しくアルコール感も強く出ている。ボディはヘヴィ寄りのミディアムでアルコール感と独特な甘さから飲み進まず、残念ながらかなり苦手なビールでした💦

どうもフルホップシリーズに舌が慣れて…

この「Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)」ですが、ホップはストラータとアイダホ7、そしてアイダホ7のクライオとタラスのクライオの4種類が使われてます。また原材料には“糖類”を加え醸造されたヘイジーダブルIPAですね。好みは人それぞれも、かれこれフルホップシリーズを長く飲ませて頂いてるが、今までとはかなり違いを感じたバージョンでした。珍しくも“加糖された感じもいつもと違う甘さ”、そして“独特さを感じるホップ感とのバランス”が微妙さを感じ、パイントを飲み切るのにかなり時間がかかった…😵。因みにまだブログに挙げてなかったが『Full Hop Alchemist V17(フルホップアルケミスト V17)』を缶は自粛期間に飲んでましたが、

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V17)_01

樽(ドラフト)も既に飲んでおりました。コチラはヴァーダント酵母?だったか飲ませてもらったが…奥深さやコクなども感じれ缶より好みもいつものフルホップという感じ😅。ただ、ここ最近少し感じてたのは、表現が非常に難しいが…このシリーズでこれ以上変化を付けていく事に言葉が難しいが“限界”なのかなぁ?と。とあるヘイジーマニア仲間とも話した事だが、特にWCBさんはビアっぷるが好きな“濃さ”が抜群にある中でリリースのサイクルが早い事が、“舌が慣れ、原材料の変化はあれどだいたい似たような味に感じてしまう傾向では!?”という話しになった。変化を付けるのは非常に難しいが、未だに人気だから醸造されてるのであろうビール🍺なら経営としては申し分なし。ただ、ビアっぷるとしてはWCBさんの濃さは相変わらず好みなので他ビールは飲ませてもらうも、ことこのフルホップシリーズは少し休ませてもらおうと思うビアっぷるでした😅

恒例のウェブフライヤー

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V18)_webフライヤー01

今回もフルホップシリーズとしてのベースが一緒ですが、紫と黒ベースの“V16”に対してワインレッド系がグッと加わり、より深く怪しげなダーク感が出ていると感じました。いやはや色味だけで表現するってホント難しいですよね…毎度お疲れ様です。そして、やっぱり稲妻と“18”のシルバー感はビアっぷるは好みですししっかり映えてますね~✨。さて、次はフルホップアルケミスト◯になるかは未定ですが、また飲む機会があればご紹介できればと思います😄

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V18(フルホップアルケミスト V18)」をご紹介しました。ちょっと今までとは味に違いを感じたv18。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. アマクサソナービール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUS…
  2. カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る