【静岡】ウエストコーストブルーイング:「フルホップアルケミストV17」を缶で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。先日ヴァーダント酵母のみを使用した『AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)』をご紹介しましたが、今回はミックスしてヴァーダント酵母も使用したヘイジーIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(フルホップホップアルケミストV17)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17) 詳細

ビール名:Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーダブルIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フルホップホップアルケミストV17)_缶01
ウエストコーストブルーイング(フルホップホップアルケミストV17)_缶02

Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるベージュ色という感じかな
香りは、フルーティーで甘さのあるこの濃厚そうな感じは好み
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性は舌奥でもあるが…ちょっとピリピリ感が気になるかな。また求めてる甘さは感じない。そしてグレープフルーツっぽい柑橘フレーバーにジューシーさが物足りず、オレンジの様な後味が残るのは好印象。甘さがなくジワジワな苦味が残りドライな感じで余韻にアルコール感を感じるのも気になる。ボディはミディアムで温度が上がりオレンジ感が増した感じに飲み応えもあるのだが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

温度の上昇でオレンジ🍊感が好印象

この「Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)」ですが、ホップはシトラとアイダホ7にネルソンソーヴィンの3種類を使ってる様です。また酵母にヴァーダント他、そして原材料には“糖類”を加え醸造されたヘイジーダブルIPAですね。ビールはドライな感じで、WCBさんには珍しくジューシーさが弱めに感じたのと“欲しい濃さ”が思ったより感じなかったかな。ただ温度が上昇し、少しジューシーさがUPしたのとオレンジ感が増したのは素晴らしいく感じで好ポイントでした✨。しかしビア仲間もそうだが、全体的好みな方が多いと感じたビール🍺ですが、ビアっぷる的には甘さが控えめなのと“らしさ”が感じれなかったのが好みに至らなかった部分😅。ええ、もう樽(ドラフト)が飲める環境になりましたし、樽(ドラフト)推しのビアっぷるは飲める機会があったらそっちでも是非飲んでみたいと思っています😁

恒例のウェブフライヤーは…

ウエストコーストブルーイング(フルホップホップアルケミストV17)_webフライヤー01

今回はこんな感じですね。『Full Hop Alchemist V16(フルホップアルケミストV16)』の背面全体の紫系から、背面のみ緑系に変わったという感じでホップさん等は一緒です。もう少し何か変化が欲しいと思ったビアっぷるだが、WCBさんならではのストーリーがあるので、この緑系にした事もきっと意図があるんでしょう。さて、フルホップホップのV18でどんな感じになるのか!?、是非楽しみにしたいと思っているビアっぷるです😄

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist V17(フルホップホップアルケミストV17)」をご紹介しました。最後に、最近原因不明ながらツイッターへの連動性が良くない状況で投稿されてない事もしばしば。うちゅうさんの『DDH Thank You DIPA/(モザイク&ギャラクシー)』とイナデイズさんの『森の座ペールエール』は特に知ってほしかったのだが…本当に残念。もし宜しければ見て頂けると嬉しいです。ではでは、皆さんも“V17”を機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る