【静岡】ウエストコーストブルーイング:「ダブルエーモチムネ」を缶で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は凄く好みな『TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)』をご紹介しましたが、今回は2作品目のヴァーダント酵母を使ったヘイジーですね。さて、どんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(ダブルエーモチムネ)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ) 詳細

ビール名:AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:バーダントヘイジーIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(ダブルエーモチムネ)_缶01
ウエストコーストブルーイング(ダブルエーモチムネ)_缶02

「AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴでオレンジとベージュの間の子と言う感じでしょうか
香りは、完熟な🍊みかんっぽい柑橘さを感じるがコレが酵母由来かな?
飲み口は、ホップの苦味はややあり舌奥でも持続性は残る感じかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さの感じるホップフレーバーで爽やかな感じだが、このトロピカルさは感じるがフルーツ!と言い切れる様な味はなかったかな。飲み後には甘さを微感じるも、ホップのジワジワした苦味で徐々にスッと消えてしまう。気になったのは、舌先でピリピリ感が残るのが気になったが、ボディはミディアム寄りのライトですっきりな感じ。言葉は悪いがよくあるヘイジーという感じで、WCBさん“らしさ”を感じれず。残念ながら好みではありませんでした💦

ヴァーダント酵母が主役のビール🍺

この「AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)」ですが、ヴァーダント酵母シリーズ第二弾ビール🍺。因みに第一弾は、

ウエストコーストブルーイング(バックヤードレジェンド)_webフライヤー01

『Backyard Legend(バックヤードレジェンド)』というビールですね。リリース時にWCBさんのヘイジーで気になってはいたが、アルコール度数5.0%…飲むのを控えさせて頂きました😅。今回はアルコール度数7.0%なら!と、飲ませて頂きましたが…気になるホップはモトゥエカとネルソンソーヴィン、そしてカスケードの3種類。そして原材料には特に変わった原材料は使われてませんが主役のヴァーダント酵母を使われたヘイジーIPAですね。えっと、公式のビールコメントには、アロマンでみかん、ライチ、和梨の様な…という事でみかん感は感じれたが、味で“マンゴーを連想させる”との事だが人の下は十人十色だがビアっぷるには感じなかったな😅。まぁ、好みではなかったが総トータルで苦手な感じはしなかったので、アルコール度数8.5以上でこの酵母を使われたビールなら改めて飲んでみよう思ったビアっぷるでした😄

恒例のウェブフライヤーは…

ウエストコーストブルーイング(ダブルエーモチムネ)_webフライヤー01

前回(Backyard Legend(バックヤードレジェンド)の続きという感じになりますが、前回は全体的な色味から“4番バッター✨”という印象を受けたデザインで、今回は夢を持ったホップさんがバッターボックスに立ってる絵。キャップを後ろに被ってる辺りはヤンチャな選手かな?と思ってしまいましたが、型にハマらない方が大きく突き抜ける可能性が高いと思ってるビアっぷるだけに、凄い夢を叶えるかも!?。次作で何か動きがあるのか?と、勝手に妄想していますが非常に楽しみなデザインでした😁

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「AA MOCHIMUNE(ダブルエーモチムネ)」をご紹介しました。濃いヘイジーに慣れてる為物足りなく感じたが…完成度は高めなヘイジーIPAです。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る