【長野】志賀高原ビール:「マサジ ザ グレート 2021」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより「W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Fresh Hop Pils(フレッシュホップピルス)』でしたね。今回は箕面ビールさんの先代社長を追悼するビールとなります。さて、どんな感じに仕上がってるのか楽しみです😄

志賀高原ビール(マサジザグレート/2021)_イメージ01

『志賀高原ビール』W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021 詳細

ビール名:W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021
ブルワリー名:志賀高原ビール
ビアスタイル:ベルジャンインペリアルインディアブラックエール
度数:8.5%
IBU:51
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラが「W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021」のビール画像です。

志賀高原ビール(マサジザグレート/2021)_01

W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021」飲み応えレビュー

見た目は、画像では真っ黒に見えるがちょい赤味がかってたかな
香りは、セゾン酵母由来か?フルーティーさがあるが…
飲み口は、ホップの苦味はIBU51という事もあってやや残り持続性としても舌奥で残るかな。また求めてる甘さはない。独特なセゾン感?からのロースト感が優しくきてから柑橘っぽさのあるホップフレーバーと苦味がグッとくる。飲み後には甘さがなくスパイシーさもあるが、気になったロースト感とセゾン感が混ざりそうで混ざりきってない様な印象。ボディはライトでアルコール度数8.5%は感じれず飲みやすいが、セゾン感でドライさもあり飲み進まず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

今年はセゾン酵母を使用…

この「W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021」ですが、志賀高原ビールさんとしては今年で10回目の、箕面ビールさんの先代社長を追悼して仕込まれたビール🍺。過去ビアスタイルは“W-IBA”だったのを今年はW-IBSに変わり、“セゾンイースト”で醸造されたとの事。そのビール内容ですが、ホップの銘柄は相変わらず記載なしでわからず。原材料も、お伝えしたセゾン酵母しかわからずでビアスタイルはベルジャンインペリアルインディアブラックエールとの事。で、ビールですが…ビアっぷる的に毎度お伝えてるがセゾンスタイルは紙一重。さすがにコレはビアっぷるにはハマらずでしたが、気になったのがローストとセゾンが口の中で混ざりそうで混ざりきってない印象を受けた😵。対してビア仲間は一言、『そんな事ない様な…好み!』との事でビアっぷるの舌は変わってるので悪しからずですが、セゾン感を好む方には合うと思いますよ✨。ただ、8.5%のアルコール感はほとんど感じさせない飲みやすさはさすがですが、好みは人それぞれとして志賀高原さん“らしさ”は全体的に伝わるビール🍺でした😄

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、「W-IBS -MASAJI THE GREAT(マサジ ザ グレート)/2021」をご紹介しました。今年はセゾン酵母で醸造のマサジザグレート🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る