【熊本】アマクサソナービール:「アンチャーテッド」をボトルで飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、ボトルの「Uncharted(アンチャーテッド)」を飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Uncharted(アンチャーテッド)/樽(ドラフト)』でしたが、ビア仲間よりボトルと飲み比べも面白いよ~✨との事で…早速トライしてみました。さて、どんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(アンチャーテッド)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver. 詳細

ビール名:Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver.
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver.」のビール画像になります。

アマクサソナービール(アンチャーテッド/ボトルver.)_01
アマクサソナービール(アンチャーテッド/ボトルver.)_02

「Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver.」飲み応えレビュー

見た目は、見た目は濁りのある明るめなオレンジでブクブク感はなし
香りは、バナナ感が強めでパイナップルも少々は同じかな
飲み口は、バナナとパイン感が優しい反面思ったより弱めに感じたかな。また甘酸っぱさが強くも甘さも思ったより控えめ。飲み後の余韻も控えめでボディはライトでさっぱりで飲みやすい反面、物足りなさが残る印象。残念ながらコチラはビアっぷるの好みには至りませんでした💦

樽(ドラフト)、ボトルの違いを…

この「Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver.」ですが、原材料等は当然ながら樽(ドラフト)と一緒。ホップの使用はなし。そしてパイナップルにバナナ、バニラビーンズ、熊本銘菓で『くまもと果房』さんの阿蘇ジャージーミルクを使用したカスタードクリームを使い醸造されたスムージーサワーのボトルver.ですね。率直に、どちらか一方だけを飲まれた方とは明らかに感想は異なるでしょう。因みに“樽(ドラフト)”の場合は、上面がブクブクするしトロみが全然違う、またフルーツ感が液体内でしっかり感じれるしボディもミディアムで飲み応えがしっかりあり甘さやフレーバー、香りと大きく違う。まぁ、このアマクサさんのスムージーサワーは特に飲む前に想定はしていたが…ここまで歴然とした差を感じれた飲み比べは面白味がありました😄。あ、あくまでもビアっぷるの考えですしボトルだから悪いとかそんな次元の話ではありませんので悪しからず。ただ、考え方や感じ方は人それぞれが前提ですが、“樽(ドラフト)とボトルには違いがあるビール🍺もある”。というのを理解して飲み比べると、よりクラフトビールの面白味の幅は広がると思いますよ~✨。ご興味がありタイミングが合えば、是非色々とお試しあれ!😁

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Uncharted(アンチャーテッド)/ボトルver.」をご紹介しました。エンタメからも樽(ドラフト)の方が断然好みなビアっぷる。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る