【宮城】ブラックタイドブリューイング:「ウミボウズデライト」を樽で飲んでみました~

ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんから、「Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)」を樽(ドラフト)で飲みましたご紹介したいと思います。前回は『Super Hoya Boya(スーパーホヤぼーや)』でDDHヘイジーで、今回もヘイジーながら初醸造のアルコール度数9.0%のトリプルヘイジーIPAとの事。どこまで濃いか興味津々ですがどんな感じでしょうか😄

ブラックタイドブリューイング(ウミボウズデライト)_イメージ01

『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト) 詳細

ビール名:Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)
ブルワリー名:Black Tide Brewing(ブラックタイド ブリューイング)
ビアスタイル: トリプルヘイジーIPA
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラがその「Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)」のビール画像です。

ブラックタイドブリューイング(ウミボウズデライト)_01

「Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴの濃いオレンジ黄色で期待大!
香りは、トロピカル感が強めでGOOD
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥でやや残るが弱めと思いきや温度が上がり苦味がグッとくる。また求めてる甘さは微あり。そしてトロピカルな感じからのややジューシーさもあり、飲み後には控えめな甘さとジワジワ残る苦味は許容範囲内。ボディはミディアムでアルコール感は少し気になったが、口当たりもよく飲み応えもあり全体的なバランスも整ってる印象。ビアっぷるの好みな方ではあるが…😅

もう少し!もう少し!…

この「Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)」ですが、使用されたホップは、シトラとアイダホ7、そしてストラータあにロータス(ルプリン)の4種類を使われてます。またその他原材料は記載がなくわからずもブラックタイドさん初の9.0%で初醸造されたトリプルヘイジーIPAですね。メニューを見た時に待ってました!という感じでもちろんUKパイントを選択✨。全体的なバランスも整ってる印象なんですが…ビアっぷるの良くないとこでもあるが、舌が肥えすぎてヘイジーのトリプルには『スーパーサンライズ/2022ver.』や『鬼MAX』くらいの濃さを求めてしまってるんですよね💦。因みにもう半年くらい前なら、このトリプルヘイジーで十分満足できたと思ってるのですが…どんどん濃いヘイジーを求めてるビアっぷるだがコレばかりは好みだから仕方ない😅。とは言え、味的にもう少し甘さは欲しいのが本音も、公式オンラインショップにてトリプルヘイジーで370mlの700円(税別)はかなり良心的。既にSOLDOUTも納得のビアっぷるですが、今回は初醸造ですし、これから2回目3回目と間違いなくブラッシュアップされるはず。期待度MAXで次回のトリプルヘイジーIPAを楽しみにしているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は宮城県は気仙沼市にある『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの、「Umibozu’s Delight(ウミボウズデライト)」をご紹介しました。濃いめで全体的バランスの整ったトリプルヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る