【神奈川】ヒューマンズビア:「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE」を樽で飲みました~

ヒューマンズビア(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。因みに全開はセカンドバッチの『Your Stories Hop Juice IPA 2nd.⁡(ユアストーリーズホップジューシーIPA)』でしたが、今までとは違う梅サワーです。さて、どんな感じでしょうか😄

ヒューマンズビア(トップイメージ)_01

『Humans BEER(ヒューマンズビア)』Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード) 詳細

ビール名:Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)
ブルワリー名:Humans BEER(ヒューマンズビア)
ビアスタイル:梅サワーペールエール
アルコール度数:5.5%
IBU:25
URL:Humans BEER(ヒューマンズビア)
facebook:Humans BEER(ヒューマンズビア)

コチラがその「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)」のビール画像です。

ヒューマンズビア(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)_01

「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアめな琥珀色という感じでしょうか
香りは、梅の爽やかさがとても心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性としてもそこまで残らないかな。また求めてる甘さはない。開口一番“爽やかな梅!”という感じでホップフレーバーが良い意味で感じさせない爽やかさと風味の豊かさ。飲み後には甘酸っぱい感じもありながらサワー感の酸味、そして微ホップの苦味。ボディはライトでやや水っぽさも感じたが、とても飲みやすく最後まで梅感が残る。ビアっぷるは好みな方のビールでした✨

飲み飽きない絶妙なバランス

この「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)」ですが、ホップはコロンバスとハラタウブラウンの2種類。そしてその他原材料には、小麦に南高梅(湯河原産)の果実、発酵乳、そしてアイリッシュモスを使い醸造された梅サワーペールエール。正直がら意外と感じたのだが、今までヒューマンズさんのビールはヘイジーIPAなど3ビアスタイルを飲ませて頂きましたが好みに至らず💦。ただ、好みは人それぞれもビアっぷる的にはそのイメージをガラッと覆されたサワーという印象😍。やや水っぽさは感じたのだが、飲み続けてると梅の爽やかさと酸味に乳酸菌の酸味とのバランスを感じれ飲み飽きないしホッとする印象。まだヒューマンズさんの得意なスタイルがピンときてないのだがひょっとしたらサワーが得意なのかな!?と思った😅。地元産の梅も使えてるのも好印象ですし、2バッチ目がリリースされた際にはより進化したサワーが飲めると嬉しいなぁ~✨と思った、ビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「Mr.&Mrs. Plum’s SPRING PARADE(ミスターミセスプラムズスプリングパレード)」をご紹介しました。梅の存在とサワー感の好バランス。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る