【東京】インクホーンブルーイング:「マンダリンダック」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mandarin Duck(マンダリンダック)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『New World Warblers(ニューワールドワーブラーズ)』でアルコール度数7.5%のヘイジーでしたが、今回は6.5%だが…だて、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(マンダリンダック)_イメージ01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Mandarin Duck(マンダリンダック) 詳細

ビール名:Mandarin Duck(マンダリンダック)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Mandarin Duck(マンダリンダック)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(マンダリンダック)_01

「Mandarin Duck(マンダリンダック)」飲み応えレビュー

見た目は、濁り全開の濃いオレンジ黄色とう感じですね
香りは、やや気になるホップ感…だが甘やかな感じは心地よい
飲み口は、ホップの苦味はかやや強めで持続性も舌奥で残るという感じかな。また求めてる甘さが微感じれる。そして柑橘6にやや気になる感のグラッシーさ4の割合でホップフレーバーは華やか。ジューシーさは感じれずもこの濃さと深みがしっかり感じるのが好ポイント。飲み後には微甘さも感じるが舌奥と喉奥で苦味ジワジワ。ボディはミディアムで飲み応えもあるが…温度が上がれば上がるほど苦手意識か?グラッシーさが8割近くを占める印象から、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

グラッシーさ強めも“濃さ”がGOOD

この「Mandarin Duck(マンダリンダック)」ですが、ホップはセンテニアルからアイダホクライオにモザイククライオ、そしてシトラとシトラスペクトラムが使われてます。またモルトにはビアっぷるが好むマリスオッターを使用しておりその他にスペルとモルト等を使い醸造されたヘイジーIPAですね。公式サイトには『ヘイジーにしては苦味強め』という通り、確かに苦味は強めでした😅。ただ、ビアっぷるには苦手なグラッシーさも露骨に感じれた事は事実だが…6.5%ながらボディ感はコチラの方が断然好み✨。ビアっぷるが好むマリスオッター由来なのか?、それともクライオやスペクトラムのホップ由来なのかはわからないが、明らかに前回の7.5%の『New World Warblers(ニューワールドワーブラーズ)』と真逆とまでは言わないが深みも感じれた濃さが良く、グラッシーさがないホップが使われてればかなり好みだったと思えたビール😍。今後のリリースも濃さがあるヘイジーを期待しているが、モザイクホップを使ってるビールが多い😵。まぁ考え方や感じたかは人それぞれですが、“好みな味”と“ビール自体の完成度”は別に考える事も必要。また機会があれば飲ませて頂こうと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから、「Mandarin Duck(マンダリンダック)」をご紹介しました。グラッシーさ強めもボディ感しっかりなヘイジー。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る