ワイマーケットブルーイング×鬼伝説:「NEW鬼ヶ島V」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんとのコラボビールとなる「NEW鬼ヶ島V」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の同コラボは『NEW鬼ヶ島Ⅳ nether(ネザー)』でNEのブラックWIPAでしたが、今回はヘイジーIPAですし✨。さて、どんな感じか非常に楽しみです😄

『ワイマーケットブルーイング×鬼伝説』NEW鬼ヶ島V 詳細

ビール名:NEW鬼ヶ島V
ブルワリー名:ワイマーケットブルーイング × のぼりべつ地ビール鬼伝説
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:20.4
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

コチラがその「NEW鬼ヶ島V」のビール画像です。

ワイマーケットブルーイング×のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW鬼ヶ島V)_01

「NEW鬼ヶ島V」飲み応えレビュー

見た目は、濁りもありこれぞ求めている綺麗なオレンジ黄色
香りは、優しいマンゴーの様な感じを思わせる心地よさ
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性も気になる程はない。また求めてる甘さを感じる。そして柑橘+微マンゴーっぽさを思わせるホップフレーバーに、ジューシーさもしっかり。飲み後には甘さがあり、ホップのホロ苦さがアクセント。ボディはミディアム寄りのライトでも飲み応え抜群。アルコール度数8.5%を思わせない飲みやすさでバランスも素晴らしい。ドリンカビリティで、ビアっぷるがかなり好みなビールでした✨

以前のワイマさんの味に!?

この「NEW鬼ヶ島V」ですが、ホップはモザイクとインコグニートモザイク、アマリロにモザイククライオ、シトラのクライオの計5種類を使い醸造されたヘイジーIPAですね。失礼ながら感じ方は人それぞれを前提に、前回の『New Maruhachi IPA(ニューマルハチIPA)』等など、“オートメーションだからそんな事はないのでは?”と言われる事が多いが、ビアっぷるには最近何故か今までのワイマさんの味に違いを感じていたので開栓直後は飲まなかったんです。ただ、今回はいに伝説さんとのコラボだからか?ビール自体が以前に戻った感じでUKパイントでなかった事を後悔したくらい飲んで大正解😅。苦手なモザイクホップのインコグニートまで使われたビールながら、全体的なバランスに加え8.5%でもドリンカビリティなヘイジーIPA。更にビアっぷるの欲しい甘さもあり、勝手ながら神的なビール🍺😍。GW中にかなりの種類を色々と飲ませて頂いた中でも3本指に入るヒット✨。是非まだ飲める機会があれば、今度こそUKパイントで飲みたいと思っているビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんのコラボビール「NEW鬼ヶ島V」をご紹介しました。8.5%も、ドリンカビリティなヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る