トップリングゴライアス×アザーハーフ:「18 Hours from Brooklyn」を缶で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、アメリカはアイオワ州『Toppling Goliath Brewing(トップリングゴライアスブリューイング)』さんと、アメリカはニューヨーク州の『Other Half Brewing(アザーハーフブリューイング)』との期待度MAXコラボビール🍺、「18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。同日にリリースされた『Trillium Brewing(トリリウムブリューイング)』さんに話題をかっさらわれた印象だが…ビアっぷるは断然コチラが本命でした😁

『トップリングゴライアス×アザーハーフ』18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン) 詳細

ビール名:18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)
ブルワリー名:トップリングゴライアス×アザーハーフ
ビアスタイル:ヘイジーダブルIPA
アルコール度数:8.0%(缶表記:7.8%)
IBU:???
facebook:Toppling Goliath Brewing(トップリングゴライアスブリューイング)
facebook:Other Half Brewing(アザーハーフブリューイング)

こちらが、その「18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)」のビール画像です。

トップリングゴライアス×アザーハーフ(18アワーズフロムブルックリン)_缶01
トップリングゴライアス×アザーハーフ(18アワーズフロムブルックリン)_缶02

「18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りはあるが黄色ではなく山吹色という感じ
香りは、ややオレンジを思わせる柑橘ホップ感
飲み口は、ホップの苦味は強めで持続性は舌奥でも残る感じ。また求めてる甘さはない。そして柑橘系ホップが前面に出た感じからの、グラッシーさが追いかけてくる。ジューシーさはイマイチで、飲み後には甘さがなく苦味は余韻までも残る印象。ボディはミディアムで濃さも物足りず…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

理想と現実は…

この「18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)」ですが、ホップはアイダホ7にシトラにザーツ、シムコーとネルソンソーヴィンにモザイクの計6種類を使用。その他原材料には、オーツ麦や小麦等を使い醸造されたヘイジーDIPAとの事。ええ、滅多に好まない海外ビールでも、こと恐竜のラベルでお馴染みトップリングゴライアスさんの『King Sue(キングスー)』、そしてダイヤ等のラベルがおしゃれなアザーハーフさんの『Green Capsules(グリーンカプセルズ)』と共に濃く甘さのあるヘイジーIPAで凄く好み😍。因みに余談でハドソンバレーさんの『Glycerin Pink Guava & Red Currant(グリセリン ピンクグァバ&レッドカラント)』も好みです✨。話は戻り、その2ブルワリーさんのコラボならと飛び付いたビアっぷるだが、理想と現実は違った。先ず色味から黄色オレンジベージュ系ではなく山吹色系で気持ち半減、そして好みは人それぞれもホップの苦味が俄然強く欲しい甘さと濃さはなし。本来の2ブルワリーさんが求めてる味なのかもしれないが、元々アメリカ系ビールが好みで且つホップの苦味も好む方にしっくりきそうな感じと思える🍺。ただ、両良さがボヤけた感じで思ってた味とは異なる印象でした😵。もちろん考え方や感じ方は人それぞれだが、アメリカ系のビールはコラボではなく単体で飲む方がビアっぷるの舌に合う可能性が高い!?と思えた日でした😅

はい、という事で今回は『Toppling Goliath Brewing(トップリングゴライアスブリューイング)』さんと、『Other Half Brewing(アザーハーフブリューイング)』のコラボビールとなる「18Hours from Brooklyn(18アワーズフロムブルックリン)」をご紹介しました。ホップの苦味が強めなヘイジー🍺。是非興味のある方は飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る