【岐阜】カマドブリュワリー:「ホンデホワイト」を樽で飲んでみました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんより「Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Yuzu Misty IPA(ゆずミスティーIPA)』でしたが、今年の1月以来と約半年振り。さて、どんな感じでしょうか😄

カマドブリュワリー(ほんでホワイト 2022ver.)_イメージ01

「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver. 詳細

ビール名:Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:ベルジャンホワイト
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.」のビール画像はコチラです。

カマドブリュワリー(ほんでホワイト 2022ver.)_01

「Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめな山吹色という感じ
香りは、ヴァイツェンを思わせるバナナ香を感じれ爽やか
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も喉奥でもそれなりに残る程かな。また求めてる甘さはない。そしてバナナフレーバーから微ベルジャン(コリアンダー等)さが後追いでエグみの様な苦味が残る。飲み後にバナナの余韻が心地よく感じる中、グッとホップの苦味。ボディは水っぽい感じがするライトさで、飲み応えは物足りず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

バナナ香が抜群な印象

この「Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.」ですが、ホップは記載がなくわかりませんでした。またその他原材料は、オレンジピールはピンと来なかった?がコリアンダーは使用された印象のベルジャンホワイトかな。因みに開栓初日という事で久しぶりに飲ませて頂いたが、樽(ドラフト)は初飲み。ただ“ボトル”は以前ご紹介済みで、当時中々手に入りにくいファーストバッチのボトルでしたが飲めたのが奇跡と思ってました✨。そこから約1年半が過ぎ改めて飲ませて頂いたが、感じ方や好みは人それぞれも抜群なバナナ香などアロマがグッと上がり爽やかさが増した反面、水っぽいとまではいかないが薄さは以前と変わらず。ビールに濃さを求めるビアっぷるには大変申し訳ないが物足りないかな😅。ただ、“香り高さ”や“ビール自体が綺麗でブレてない造り”という点は、好みどうこうは別でさすがな印象。スッキリベルジャンホワイトを好む方にはしっくりくるだろうなぁ~✨と思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんから、「Fond de White(ホンデほわいと) 2022ver.」を紹介しました。バナナ香炸裂のホワイトビール🍺。皆さんも機会あれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る