【山梨】アウトサイダーブルーイング:「ダイヤモンドグラフサイダー」を樽で飲んでみました~

アウトサイダーブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回もは山梨県は甲府市にある『OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)』さんより「Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。因みにアウトサイダーさんは、2020年の『The DarkSide Imperial Stout(ザダークサイドインペリアルスタウト)』以来ですか…😅。しかもビールでなくサイダーに興味を持ち飲ませてもらう事に。さて、どんな感じでしょうか😄

アウトサイダーブルーイング(ダイアモンドグラフサイダー/2022)_イメージ01

『OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)』Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー) 詳細

ビール名:Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)
ブルワリー名:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)
ビアスタイル:Cider(サイダー)
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)
facebook:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)

それでは「Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)」のビール画像はコチラです。

アウトサイダーブルーイング(ダイアモンドグラフサイダー/2022)_01

「Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)」飲み応えレビュー

見た目は、鮮やかで濁りのある赤褐色という感じでしょうか
香りは、ベリーさを感じるも酵母由来?独特さが気になる
飲み口は、ベリーの華やかなフレーバーからキュッとくる酸味と、ちょいガスが強めで舌中でピリっと感が爽快で好印象。飲み後には甘酸っぱさというより酸味寄りで、微エグみが後追い。ボディはライトで飲みやすさもあるし飲み応えもあるが、温度上昇と共にジワジワとエグみっぽさがより顔を出すかな。それでもビアっぷるの好みな方のサイダーでした✨

サイダーの醸造をしてるの知らなかった…

この「Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)」ですが、原材料には、赤ワインに使用される山梨県産のマスカットベリーA(マスカットベーリーA)をふんだんに使用し醸造されたサイダーとの事。このサイダーですが、“毎回好評”と記載されてるので以前にも醸造されいるがアウトサイダーさんのサイダーは初飲みのビアっぷるだがそもそも醸造されてる事を知らなかった😅。結論は、とても好印象で飲みやすく奥深さも感じれました。ただ、今回使用のベリーが甘酸っぱいのか?等などベリーの特徴がわからないが、ワガママを言えば…甘酸っぱさの“甘さ”があるとより好みになったかな。因みにややキレがある感じで、ベリー感と程よい後味のエグみを好む方には合いそうなサイダーだと思いますよ~😁。そう言えば…樽(ドラフト)にしろ、ボトルにしろビアっぷるの周りでは見かけなくなったアウトサイダーさんのビール🍺。飲む機会がなく、だいぶ月日が過ぎた事もあり定番ではなく限定醸造を久しぶりに飲んでみたいなぁ~と勝手に思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、山梨県は甲府市の『OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)』さんより「Diamond Graff Cider(ダイアモンドグラフサイダー)」をご紹介しました。ベリーさの存在感をしっかり感じれるサイダー。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る