【千葉】寒菊ブルワリー:「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」をボトルで飲んでみました~

寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『99 LAGER(99ラガー)』のラガーから一転、今回はビア仲間よりプレゼントにて『ホップ使用のスムージーだよ』との事で飲ませて頂きました✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング) 詳細

ビール名:山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)
ブルワリー名:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)
ビアスタイル:酒スタイルフルーツサワースムージー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:Kankiku meijo(寒菊銘醸)
facebook:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)

こちらが「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」のビール画像になります。

寒菊ブルワリー(山田錦酒粕スムージー バナナプディング)_ボトル01
寒菊ブルワリー(山田錦酒粕スムージー バナナプディング)_ボトル02

「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」飲み応えレビュー

見た目は、ドロドロの明るめなベージュという感じ
香りは、酒感は意外に控えめもバナナとカスタードが香り高う心地よい
飲み口は、ホップの苦味がややありるが地蔵制覇控えめに感じる。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーがピンとこないが、バナナ+バニラエッセンス感が出た後にかスタートの余韻。飲み後には甘さもあり、浮遊している酒粕を噛む楽しみとに余韻がこれまた大人のスムージーさを感じさせる。ボディがミディアムでアルコールさはなく飲みやすくトロみと飲み応えもあり。全体的なバランスからもビアっぷるのかなり好みなビールでした✨

“大人のバナナプリン”

この「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」ですが、ホップは自社栽培なのか?過去聞いた事のない“HNB”というのを使用し、モルトはピルスナーに酵母はフィリーサワー。その他原材料にはバナナピューレ(外国製)に山田錦の酒粕、カスタードクリームにバニラエッセンスを使い醸造された寒菊銘醸酒粕使用の第6弾フルーツサワースムージーですね。拘りは一それぞれですが、ビアっぷる的にスムージーに“ホップ”を使用してる事がとても好感が持てるポイント。そんな中、“バナナプリン”をイメージした今回。近いニュアンスだが、酒感はあれどアルコール感が比較的弱め。そしてバナナとバニラエッセンの主張が強めなだけに『大人のバナナプリン』という表現がしっくりくるかな?。ただ、甘酒が苦手な方にはやっぱり厳しいかなぁ~?とも思うビアっぷるです😅。因みに今年5月に飲ませてもらった『出羽燦々(でわさんさん)』以来の寒菊さんスムージーですが、良い意味で深みにかなりの違いを感じれた印象。どこか樽(ドラフト)で飲める箇所があれば是非飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんから「山田錦 酒粕スムージー(バナナプディング)」をご紹介しました。やや酒粕感を感じる『大人のバナナプリン』✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る