【神奈川】バーバリックワークス:「ジャマイカの夜」を樽で飲みましたよ~

バーバリックワークス(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Barbaric Works(バーバリックワークス)』さんから「ジャマイカの夜」を樽(ドラフト)で飲みましたので紹介したいと思います。因みに2021年10月に飲ませてもらった『Dope(ドープ)』以来。今までは好み好みじゃないとか関係なく、単純にビール詳細等がなかったので飲ませてもらうのを控えていたが…ビール詳細がありから今回飲ませて頂く事に😄

バーバリックワークス(ジャマイカの夜)_イメージ01

『Barbaric Works(バーバリックワークス)』ジャマイカの夜 詳細

ビール名:ジャマイカの夜
ブルワリー名:Barbaric Works(バーバリックワークス)
ビアスタイル:インディアブラウンエール
アルコール度数:6.0%
IBU:74
facebook:Barbaric Works(バーバリックワークス)

コチラがその「ジャマイカの夜」のビール画像です。

バーバリックワークス(ジャマイカの夜)_01

「ジャマイカの夜」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある濃いブラウンという感じかな
香りは、表現が難しい複雑で独特なホップ感
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は喉奥でジワジワ長めに残る。また求めてる甘さはない。そしてちょいローストモルトの様なフレーバーに、複雑過ぎて特徴がわからないと思えるホップフレーバー。飲み後には甘さがありそうで感じにくく、ホップの苦味が持続して残るかな。ボディはミディアムで飲み応えはあるものの、意外な濃さと苦味で飲み進まず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

複雑なホップさとビールベース

この「ジャマイカの夜」ですが、ホップはシトラにモザイク、サブロとコロンバスとソラチエースにタラス、最後にエクアノットとよもやの8種類使用。その他原材料の記載はありませんでしたが、インディアブラウンエール?というビアスタイルで醸造されてます。いやはや多種のホップを使用されてますね~という事から気になったのはホップ感。複雑に入り混じり、ホップの個性が各々で主張されて“特徴が掴めない”と思ったのはビアっぷるだけでしょうか?。それと、久しぶりに飲ませて頂いて一口目で感じたビールベースが…昨年好みだった『Spin Off(スピンオフ)』とは違う印象ですが気の所為でしょうか?。ブルワーさんが変わった?(間違ってたらすいません…)と思うほど、造りが違う様な…真実はわからないが前のベースの方がバランス的に好みだったな😅💦。まぁ、好みは人それぞれですが言葉に現すのが難しいと感じたビール🍺。ただ、ブルワーさんが何故この原材料を使ったのか?等を考えながら、自身の舌でどう感じるかを追求できる事もあり、ビール詳細を記載してくれる事に凄く感謝しています✨。今後も気になるビールがあれば、躊躇せず飲ませて頂きたいなと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は神奈川県は茅ヶ崎市にある『Barbaric Works(バーバリックワークス)』さんから、「ジャマイカの夜」をご紹介しました。苦いが、ホップ感がとても複雑で独特な印象のビール🍺。皆さんももし機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る