【秋田】田沢湖ビール:「サキホコレブリュットIPA」を樽で飲んでみました~

田沢湖ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、秋田県仙北市にある『田沢湖ビール』さんから「Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)」を樽で飲んだので紹介したいと思います。前回は『Sakura Komachi(桜こまち)』と、まさかの2年前の12月以来で2年振りです。今回は秋田の新米を使用からのブリュットIPA!?との事で、どんな感じか気になっているビアっぷるです😄

田沢湖ビール(サキホコレブリュットIPA)_イメージ01

『田沢湖ビール』Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA) 詳細

ビール名:Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)
ブルワリー名:田沢湖ビール
ビアスタイル:ブリュットIPA
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:田沢湖ビール
facebook:田沢湖ビール

コチラが「Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)」のビール画像ですね。

田沢湖ビール(サキホコレブリュットIPA)_01

「Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、梨っぽさからややトロピカル感も感じるかな
飲み口は、ホップの苦味は持続性と共にほとんど感じれないとう感じ。また求めてる甘さはない。そして酵母由来か?華やかさを感じるフラワリーっぽさから、やや際立つ梨っぽさは米由来か?。飲み後には微甘さは感じれ、苦味は残らずドライな後味。ボディはミディアムで飲み応えはあるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

米の甘さに対してブリュットIPAは…?

この「Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)」ですが、ホップは残念ながら種類までわからず。また酵母には桜の花びらから採れたという“秋田美桜酵母”に、その他原材料には秋田の新ブランド米で2022年にデビューの『サキホコレ』を使用し、醸造されたブリュットIPAですね。因みに米を使用したビールはそれなりにビアっぷるは好みなものが多い中、今回は不思議と“梨っぽさ”を感じれたところが好印象✨。反面、米由来の甘さがあってもおかしくないはずがかなり弱く感じた。また公式サイトには『麦芽にプラスして米を配合する事で“明るい黄金色”となり』と…色味を出す為の米なのかもしれないが…米の甘さも欲しく感じたいビアっぷる。感じ方は人それぞれも、ビアスタイルであるブリュットIPAは糖度を極限まで落としドライにする事から、その甘さをも削ぎ落としたのでは?と勝手に妄想。もちろん“米の甘さは今回いらない”という醸造かもしれないが、せっかくお米を使うビールならば米感(甘さ等)は欲しいなぁ~と、勝手に思ってしまったビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は秋田県は仙北市にある『田沢湖ビール』さんから「Sakihokore Brut IPA(サキホコレブリュットIPA)」をご紹介しました。2022年デビューの新ブランド米を使用されたビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る