【京都】京都醸造:「されば悠々」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより「Easy Does It(されば悠々)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Moon Light(月満る)』のフルーツサワーでしたが、今回はバーレーワインという事で楽しみ✨。さて、どんな感じでしょうか😄

京都醸造(されば悠々)_イメージ01

『kyoto brewing(京都醸造)』Easy Does It(されば悠々) 詳細

ビール名:Easy Does It(されば悠々)
ブルワリー:Kyoto Brewing(京都醸造)
ビアスタイル:バーレーワイン
アルコール度数:12.0%
IBU:0
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらがその「Easy Does It(されば悠々)」のビール画像です。

京都醸造(されば悠々)_01

「Easy Does It(されば悠々)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーで奇麗な琥珀色という感じ
香りは、ベルジャン酵母感と甘やかさが心地よい
飲み口は、ホップ感がピンとこないが持続性もほとんどなし。また求めてる甘さはではない加糖された様な甘さ?は感じる。そして大人のベルジャンさとフルーティーさのある甘やかさが際立ちモルトの芳醇さとふくよかさも。ボディはライトで飲みやすく飲み応えもあり、温度が上がってもアルコール度数12%を思わせない飲みやすさが持続。ビアっぷるはかなり好みなビールでした✨

好みなバーレーワインも、ホップは!?…

この「Easy Does It(されば悠々)」ですが、ホップは…記載がなくまさかの使用なし!?。モルトはピルスナー、ゴールデンプロミス、ヴィエナの3種類で酵母はアメリカンとベルジャンの2種類をブレンド。その他原材料には、グラニュー糖を加え醸造されたバーレーワインですね。しかし、何度も確認しましたがよもやのホップ使用なしですか…モルト派のビアっぷるには、ふくよかさや飲みやすさに飲み応えなどのバランスが凄く整っておりホップがなくとも好印象のビールで好みですが、大変申し訳ないが勝手な拘りにて“ホップを使ってないビール”はビアっぷる的に好まないので残念。。。基本先入観を持ちたくない為に、原材料を見ないで自身の舌を信じてレビューを書くというスタンスを取ってる事。そしてビアバーさんのメニューにはホップ使用なし等記載をするところはほぼなし。という事から、今後ホップを使用してるかどうかを“ブルワリーさんにより”確認する事が必要になりそうな状況。ただ、ビアっぷるの様な拘りがなくモルト好きで『そんな事関係ないよ~』という方には是非飲んで頂きたいと思いますが😅。ただ、ブルワリーさんにも色々と思惑や理由があるのかもしれないが、今までもこれからも“ビールならホップを使用して欲しい”と思っているビアっぷるでした。

はい、という事で京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより「Easy Does It(されば悠々)」をご紹介しました。ホップの使用なしも、モルト重視で深みのあるバーレーワイン🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る