横浜ビール×ファーイーストブルーイング:「つなぐセゾン/樽ver.」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『YOKOHAMA BEER(横浜ビール)』さんと、山梨県は北都留郡にある『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』のコラボビール「つなぐセゾン」を樽(ドラフト)で飲めたのでご紹介したいと思います。前回は同ビール『つなぐセゾン/ボトルver.』でしたが、今回は諦めてた貴重な樽(ドラフト)を偶然飲めましたのでかなりラッキー✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『横浜ビール×ファーイーストブルーイング』つなぐセゾン/樽ver. 詳細

ビール名:つなぐセゾン/樽ver.
ブルワリー名:横浜ビール×ファーイーストブルーイング
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:6.0%
IBU:30
facebook:YOKOHAMA BEER(横浜ビール)
facebook:Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

コチラがその「つなぐセゾン/樽ver.」のビール画像です。

横浜ビール×ファーイーストブルーイング(つなぐセゾン/樽ver.)_樽01

「つなぐセゾン/樽ver.」飲み応えレビュー

見た目は、クリア目な山吹色という感じかな
香りは、華やかなセゾン感が素晴らしく心地よい!
飲み口は、ホップの苦味は控えめだが持続性は舌奥と喉奥で微残る程度かな。また求めてる甘さはない。そして優しくふくよかさまでも感じてしまうセゾン香からの、甘やかさを思わせるフレーバーと柑橘っぽさの後追い。飲み後には甘さは感じれずホップの苦味は平行線のまま。ボディはライトで飲みやすく、柔らかい飲み応えが飽きを感じさせない。ビアっぷるは、かなり好みな方のビールでした✨

貴重な樽(ドラフト)は…

この「つなぐセゾン/樽ver.」ですが、冒頭のボトルの方でもお伝えした通り横浜ビールのヘッドブルワーさんが昨年末に卒業にて、ファーイーストさんとコラボされた最後のビールがこのセゾン。ホップも前回お伝えしたスティリアンゴールディングスにアマリロ、シトラにソラチエースの4種類に“ワイン樽”で熟成されています。因みに樽(ドラフト)ではほぼ販売されてなかった様ですが、ボトルと飲み比べてもこうも違うか?と思うほどアロマにフレーバー、エグみのない柔らかさに飲みやすさ。そして最後の余韻にウッディーの優しさも心地よさと深み等など、かなり好みな方のビアっぷるでした😍。好みは人それぞれですが、瓶内熟成も視野に入れてのボトルというのもそれはそれで楽しみさはあるのだが…やはりビアっぷるは樽(ドラフト)派と改めて実感。そのヘッドブルワーさんはもう卒業されていますが、お疲れ様でした。新たな地で今後の発展を、心より願っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、神奈川県は横浜市にある『YOKOHAMA BEER(横浜ビール)』さんと、山梨県は北都留郡にある『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』のコラボビール「つなぐセゾン/樽ver.」をご紹介しました。全体的深みのある優しめなセゾン🍺。皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る