【北海道】ノースアイランドビール:「鏡餅エール/2023ver.」を樽で飲みました~

ノースアイランドビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は江別市にある『NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)』さんから「鏡餅エール/2023ver.」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。最近はコラボばかりで、久しぶりにノースさんのみ醸造のビール🍺。因みに前回の『EBA vol.1』でしたが、今回は…お正月もとっくに過ぎてしまい、今年ももうすぐ2月に入ろうという頃に忘れてたお正月ビールです😅

ノースアイランドビール(鏡餅エール/2023ver.)_イメージ01

『NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)』鏡餅エール/2023ver. 詳細

ビール名:鏡餅エール/2023ver.
ブルワリー名:NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)
ビアスタイル:ウィートエール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)
facebook:NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)

コチラがその「鏡餅エール/2023ver.」のビール画像です。

ノースアイランドビール(鏡餅エール/2023ver.)_01

「鏡餅エール/2023ver.」飲み応えレビュー

見た目は、オレンジ寄りなヘイジーを思わせる山吹色という感じ
香りは、柑橘っぽさと独特さを感じる小麦感でしょうか?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでなし。また求めてる甘さはない。そしてオレンジピールと小麦由来か!?やや“熟したみかんっぽさ”からの独特な感じもありつつ、柑橘ホップフレーバーが緩く後追い。全体的にウィート感は思ったより弱めに感じれ、飲み後には甘さがなく苦味は変わらず。ボディはライトでもあまり飲み進まず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ファンが多く感じれたお正月ビール

この「鏡餅エール/2023ver.」ですが、ノースさんで毎年恒例のお正月恒例ビール🍺。2020年までは『鏡餅I.W.A.(インディアウィートエール)』で、2021年にビール名をリニューアルされました。その最初に飲ませてもらった『鏡餅エール/2021ver.』以来に飲ませてもらいました。色味がクリアだった過去から、この2023ver.はよもやのニゴニゴヘイジーっぽさが出てるのはビール自体も毎年リニューアルされてるのかな?。そんなビールは、ホップはシトラにDHでアマリロとチヌークの計3種類の様です。その他原材料には“みかん”を思わせるオレンジピールと、ボトルの原材料表記に大麦はあれど“小麦”記載はないが…使われてるはずのウィートエール。さて、感じ方や好みは人それぞれですが…やはり気になるのは2021年ver.同様感じるウィート感がの弱さ。ビアっぷるの周りではウィート感の話題にはなるが、SNSではそこではなく『好み!』という話題の方が圧倒的多く良さをわかってらっしゃる方が多いのは素晴らしい事✨。ただ、つくづく自分の舌が特殊だなと感じるが…ビアっぷる的には“熟れたみかん”っぽく感じてしまうところが好めないポイント。まぁ、ビアっぷるの舌は特殊だろうし申し訳ないが好みで悪しからずという事で😅。

はい、という事で話をも元に戻して、今回は北海道は江別市にある『NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)』さんから「鏡餅エール/2023ver.」をご紹介しました。熟した濃いみかんっぽさが印象的に感じたビール🍺。皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る