【北海道】鬼伝説:「NEW伊反木IPA」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「NEW伊反木IPA(イタンキ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『フランボワーズ(セゾンイーストver.6)』でしたが、今回は鬼さん的ヘイジーですね✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』NEW伊反木IPA(イタンキ) 詳細

ビール名:NEW伊反木IPA(イタンキ)
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:8.0%
IBU:50
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「NEW伊反木IPA(イタンキ)」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW伊反木IPA)_01

「NEW伊反木IPA(イタンキ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるやや明るめなオレンジという感じ
香りは、独特なホップ感+甘やかさがかなり気になる…
飲み口は、ホップの苦味はIBU50ながらやや感じる程度で持続性もそこまでなく許容範囲内。また求めてる甘さはなし。そして以前も感じた小麦由来か?独特な甘やかさと熟れたフルーツの様な独特さ。ジューシーさは感じれず、飲み後には加糖された様な甘さを感じつつ、苦味は平行線。ボディはミディアムでアルコール度数8.0%は感じさせないが、今回は鬼さん“らしさ”の酵母感も感じれず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

独特さのある甘さと甘やかさは?…

この「NEW伊反木IPA(イタンキ)」ですが、ホップはメリディアンを主に、シトラにタラスの3種類を使用。その他原材料には、小麦と小麦麦芽にオーツ麦等を使い醸造された鬼さん的ヘイジーIPA。久しぶりの鬼さん的ヘイジーですが、ツイッター上でもかなり評判が良さげだっただけにUKでオーダー🍺✨。そんな中、IBU50の表記もそこまで苦味を感じなかったのはビアっぷる的には非常に有り難い感じだが、感じ方は人それぞれは百も承知だが今回も感じてしまった…以前の『NEW桜鬼IPA(おうきIPA)』と同様の“加糖されてないのに加糖された様な独特な甘さと甘やかさ”。コレが特に気になって大変申し訳ないが中々飲み進まなかった💦。要因としては、北海道産なのか?どこの産地かわからず、しかも現時点で憶測にしか過ぎないが“小麦”?な気はしているビアっぷる。この小麦を使う事が鬼さんの拘りなのかもしれないが鬼さん的ヘイジーで小麦を使わないバージョンの方がビアっぷる的には好みな方が多い印象。今回はいつもの鬼さ“らしさ“の酵母感も感じれないだけに…ええ、あの爆裂好みだった『鬼MAX(おにマックス)』をもう1度飲みたいなと思ってしまったビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんの「NEW伊反木IPA(イタンキ)」をご紹介しました。熟れた感じと独特な甘やかさに感じれるヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る