ウエストコーストブルーイング×ベアボトルブリューイング:「ベイ2ベイ」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんと、アメリカはカリフォルニア州にある『Barebottle Brewing(ベアボトルブリューイング)』さんとのコラボビール「Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『DDHスーパーサンライズ2023 ver.2』でしたが、今回はゴールデンエール✨。寂しいかなだいぶ見かけなくなってきたビアスタイルですが…さて、どんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング×ベアボトルブリューイング(ベイ2ベイ)_webフライヤー01

『ウエストコーストブルーイング×ベアボトルブリューイング』Bay 2 Bay(ベイ2ベイ) 詳細

ビール名:Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:DDHヘイジートリプルIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:Barebottle Brewing(ベアボトルブリューイング)

コチラが「Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング×ベアボトルブリューイング(ベイ2ベイ)_01

「Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーめな黄金色という感じでしょうか
香りは、爽やかな麦!って、良い意味だが表現がしっくりくるかな?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまでなし。また求めてる甘さはややあり。そしてホップさがピンとこないが、モルトの“爽やかふくよか”という表現にしたいが新鮮さを感じた味わい。飲み後には甘さがややあり、温度上昇でホップのホロ苦さとモルトの余韻がふんわり。ボディはライトで飲みやすく飲み応えもあり、シンプルながらに奥深さもある好みな方のビールでした✨

ファンタズムと言えば…

この「Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)」ですが、静岡のWCBさんとアメリカはカリフォルニア州のサンフランシスコにあるベアボトルブリューイングさん

ベアボトルブリューイング(ロゴ)_01new

とのコラボビール🍺。また、今回は醸造されたのはWCBさん流ゴールデンエールとの事で興味津々なビアっぷる。そんなビール内容は、珍しくサイト上にホップの記載がなし。ただ、その他原材料に“ファンタズム(ブドウ果皮の加工粉末)”を加え醸造されています。因みに勝手ながらビアっぷるの中でファンタズムのビールと言えば、断然アザーハーフさんの2021年9月に飲ませてもらった『Green Capsules(グリーンカプセルズ)』でかなり好みでした✨。対してWCBさんのファンタズムと言えば『Thiol Injection TH:P(サイオールインジェクション TH:P)』のヘイジーでしたが…感じ方は人それぞれも、アザーハーフさんとはファンタズムの印象とはだいぶ違うビールという感じでした😅。今回はファンタズムでビアスタイルがゴールデンエールに変わりましたが、結論は“爽やかふくよか”という言葉を感じる程、新鮮味を感じたビール”という感じでしょうか。不思議なフレッシュさを感じるが甘さがふんわり全体を包んでくれて飲みやすく、そして飲み応えもあり満足さを感じさせる一杯。今やゴールデンエールも大半はホップの苦味が強めが多い印象の中、モルトの甘さ&ホップのホロ苦さが残る方が好みなビアっぷるには好印象なゴールデンエール😍。常に先端をひた走るWCBさんで、有り難い事にまだまだ世界のビールの味わいは広いなと改めて実感したビアっぷる。国内ではおおよそ出尽くした感に思えてただけに、稀にでもこの様なビールがリリースされるのを切に願いたいと思うビアっぷるでした😅

はい、今回はWest Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんと『Barebottle Brewing(ベアボトルブリューイング)』さんとのコラボビール「Bay 2 Bay(ベイ2ベイ)」をご紹介しました。モルトのふくよかさと甘さを感じるゴールデンエール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. グランドラインブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場のブルワリーさんで…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県は気仙沼市にある『Black…
  3. ティーンエイジブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は比企郡にある『Teenag…
ページ上部へ戻る