【香川】オーロイブルーイング:「Tie(タイ)」を樽で飲んでみました~

オーロイブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回はこのブログで初登場のブルワリーさんです。香川県は高松市にある『Ohloy Brewing(オーロイブルーイング)』さんより「Tie(タイ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。初飲みがセゾンという事で、酵母のクセさがあるのか紙一重なビアスタイルは半信半疑というのが本音です。さて、どんな感じでしょうか😊

オーロイブルーイング(タイ)_イメージ01

『Ohloy Brewing(オーロイブルーイング)』Tie(タイ) 詳細

ビール名:Tie(タイ)
ブルワリー:Ohloy Brewing(オーロイブルーイング)
ビアスタイル:ドライホップドセゾン
アルコール度数:5.5%
IBU:21.0
URL:Ohloy Brewing(オーロイブルーイング)
facebook:Ohloy Brewing(オーロイブルーイング) なし

コチラがその「Tie(タイ)」のビール画像です。

オーロイブルーイング(タイ)_01

「Tie(タイ)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある明るめな感じの山吹色
香りは、フルーティーさからの、独特な麦っぽさが気になる…
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌中で残る程度。また求めてる甘さなし。先ず、ファーストインパクトで独特で唐草の様なクセを感じる麦っぽさが気になる。そして柑橘+グラッシーなホップフレーバーから、優しいセゾン酵母由来であろうフルーティーさが後追い。飲み後には甘さがなく。温度上昇でホップの苦味ややUPも許容範囲内。ボディはライトでスイスイ系ではあるが、独特な麦っぽさが飲みやすさを半減。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

麦っぽさは“ライ麦由来”かな!?

コチラの「Tie(タイ)」ですが、先ずはブルワリーさんの事をわかる限り。香川県は高松市にて2023年7月頃に醸造開始された新規マイクロブルワリーさん。ただ…調べてる際に知った事だが、“醸造箇所で味わいが変わる”という点でビアっぷるが現状好まないファントムブルワリーの様ですね。ヘッドブルワーさんはファーイーストさんを立ち上げから醸造を経験され、現時点ではせとうち醸造所さんでオーロイさんのビールも醸造されてるのかな?。間違ってたら恐縮です…はい、そんなブルワリーさんのビールですが、ホップはイーストケントゴールディングにディアマント、カスケードにシトラクライオとタラスクライオの計5種。その他モルトはピルスナーにライモルト、ヴィエナなどなどコチラも計5種類を使用し、醸造されたドライホップドセゾンとの事。なるほど…ビアっぷるがレビューで“クセのある麦っぽさ”が気になった箇所。原材料を見る限りはおそらくライ麦由来かは定かではないが、好みは人それぞれも今回の独特な“唐草っぽい”感じはちょっと苦手に感じました😅。ビールに関しては以上です。話は変わりますが、次々とブルワリーさんが増加する中でファントムブルワリーさんも同時に増えてきた印象。間違ってたら申し訳ないのですがオーロイさんも今はファントム!?の様ですが、決して悪いとは思っていません。ビアっぷるの勝手な拘りで“造る場所が変われば同じブルワーさんでも味が変わる”。そして“1つの場所で造り続け提供する味わいを求めてる”ビアっぷる。今回は勉強不足で飲ませて頂く形で大変申し訳ないとも思っています。また、元ファーイーストさんならばビールの造りはしっかりしてるはずなので、ファントムではなくなった際には改めて飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるです。

はい、という事で今回は、香川県は高松市にある『Ohloy Brewing(オーロイブルーイング)』さんより「Tie(タイ)」をご紹介しました。唐草っぽさを思わせる麦っぽさを好む方には合うと思われるセゾン🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る