【秋田】田沢湖ビール:「Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ビアナビで初登場となる秋田県仙北市の『田沢湖ビール』さんより「Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)」を樽で飲んだので紹介したいと思います。田沢湖ビールさんと言えばドルトムンダーのピルスナーが好みのビアっぷるですが、ここへきてまさかのニューイングランドIPAを醸造されてるとは…意外でしたが楽しみなビアっぷるです^^

ビール名:Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)
ブルワリー名:田沢湖ビール
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:5.5%
URL:田沢湖ビール
facebook:田沢湖ビール

それでは「Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)」のビール画像はコチラです。

田沢湖ビール(Hop Cruise Kolsh)

見た目はニューイングランドスタイルらしくやや濁りのある感じですね。
香りは多分ギャラクシーホップ!?の香りが強く出てる気がしてます。
飲み口は、ジューシーさも甘さもなくホップの苦味もない。ライトな感じでニューイングランドスタイル感は若干あるのだが、ケルシュ酵母を使ってるという事でか?どうもジューシー感がないに等しいのが物足りず残念ながらビアっぷるの好みではないかな^^;

この「Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)」ですが、ケルシュとビール名についてるのでてっきりケルシュスタイルと思いきや、ニューイングランドスタイルは驚き(@_@)。また、田沢湖ビールさんがニューイングランドスタイルを醸造したのは意外だったが、秋田県内で多数の飲食店を経営している『戸隠グループ』さんとのコラボビールとの事。ホップはシトラとギャラクシーを大量に使用し、ケルシュ酵母でスッキリとフルーティーさを出したビール。だがにゅーIPA感が控えめになっておりジューシーさやトロピカルさが欲しくなるビアっぷるで好みではなかったんですよね。。。(^^;)

ビアっぷるは田沢湖ビールさんと言えば断然『ピルスナー』です。ピルスナーモルトにチェコ産のザーツ・ザーツを使用してるのが合うのでしょうwww。ただ先日樽で飲んだのですが甘味がかなりなかったのが意外だったがレシピが変わった?それとも醸造の方が変わった?うーん、使用してる原料を変えた?と思ってしまったので、また飲める機会があれば改めてもう1度確認の意味を込めて飲みたいと思います。

という事で、『田沢湖ビール』さんより「Hop Cruise Kolsh(ホップクルーズ ケルシュ)」を紹介しました。今流行のニューイングランドIPAですし、皆さんも機会があれば、是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る