『Izumi Brewery(和泉ブルワリー)』から「B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)」を樽で飲んでみました~

Izumi Brewery(和泉ブルワリー)ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回はこのブログで初登場となります東京は狛江市にある『Izumi Brewery(和泉ブルワリー)』さんより「B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。このブルワリーさんはビアセラー東京さんが併設してブルーパブとなってるマイクロブルワリーさん。どんなビールか気になってましたが、機会があったので飲んでみました~( ´∀`)

ビール名:B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)
ブルワリー名:Izumi Brewery(和泉ブルワリー)
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.5%
IBU:30
URL:ビアセラー東京
facebook:Izumi brewery(和泉ブルワリー)

コチラがその「B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)」のビール画像です。

和泉ブルワリー(B.C.S Lager)

見た目は、透き通るほどのクリアさで黄金色。
香りは…このホップの香りが苦手かも!?
飲み口は、ボディはミディアムな感じで好みではあるが、苦味が喉に残るピルスナーで求めてる甘さはなかった。また、敢えて温度も上げたりと何度も確認したがこのビール自体の味が全く舌に合わず微妙な感じで… 残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

という事でこの「B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)」ですが、昨年できた和泉ブルワリーさんが初のラガーを醸造したとのこと。ここ最近多く見かけるようになってきたIzumi Brewery(和泉ブルワリー)さんのビールでしたが、ラガーという事で興味を持って飲みましたが、どうやらクリスタルホップが今回のキーポイント?の様でこれが裏目に出たかどうもこの味に馴染めなかった。セゾンが主体の和泉ブルワリーさんとの事でラガーに関してはまだファーストバッチだった事からまだこの先に改良をされていくはずですが初飲みだっただけに好みのビールだったら印象も変わったかな。。。

その 「Izumi Brewery(和泉ブルワリー) 」さんですが、ビアっぷるは飲む以前から期待をしていました。というのも、北海道へ旅行した際にお世話になった、Beer Cellar Sapporoさんの絡みのブルワリーさんなら…と期待してたのですが、飲む前に既にハードルを上げてたのは事実で、逆にこれが仇となったかも!?www
で、毎度の事ながら気になっているヘッドブルワーさんはアメリカはポートランドで修行されたとのこと。外国人の方が母国で学んで日本国内でブルワリーを立ち上げるパターンは増えてきたものの、日本人が海外で修行されて日本で醸造というパターンはまだまだ少なくビアっぷるにとっては物珍しいのだが、今後どんな評価をされてくるのか興味津々のブルワリーさん。まぁ、バックボーンがしっかりされてるだけに今後はプラス方向しかない気がして間違いなく改良されていくはず。もう少し期間をおいてから改めてこのブルワリーさんのビールを飲んでみたいと思いました。が、せっかくポートランドでの修行ならばこそ、ニューイングランドIPAがあれば即飲んでみたいと思います( ´∀`)

はい、という事で今回は、東京は狛江市にある『Izumi Brewery(和泉ブルワリー)』さんより「B.C.S Lager(ビーシーエスラガー)」を紹介しました。毎度お伝えしておりますが舌は十人十色で感想は人それぞれ。皆さんも自分の舌で感じる事が一番大事ですので、機会があれば是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  2. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
ページ上部へ戻る