長野県松本市にある『松本ブルワリー(MATSUMOTO BREWERY)』に行ってきましたよ~ ※後編

松本ブルワリー(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は『前編』に続き『後編』となります。『MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)』さんで飲んだビールをご紹介しますね~。因みに今回は2箇所目のタップルームへお邪魔した方です(´▽`)

ブルワリー名:松本ブルワリー(MATSUMOTO BREWERY)
住所:サイトでご確認下さいませ。
URL:松本ブルワリー
facebook:松本ブルワリー

という事で、早速ですがタップルームの入り口はこんな感じ。

松本ブルワリー(タップルーム)その1

昔ながらな感じで凄く良い雰囲気でしたよ~( ´∀`)
そして、

松本ブルワリー(タップルーム)その2

これがタップですねですね。2号店よりタップは少ないのですが、ビアっぷるの諸事情によりコチラにもお邪魔する事にしました。

そして、ここからまだ飲んでないビールのご紹介となります。
先ずは、

ビール名:キャッスルスタウト
ビアスタイル:スタウト
アルコール度数:6.0%
IBU:???
のビール画像はコチラです。

松本ブルワリー(キャッスルスタウト)

見た目は、完全に透けない黒って感じですね。
香りは、ロースト香が微かに…で、思ったより香りがなかった。
飲み口ですが、ロースト香とモルトの苦味がしっかりあるが思ったより苦味がない。というのも以前に紹介した『Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~』を飲んでいたので、窒素抜きを勝手ながら逆算すると“かなり苦い”と想定してただけに意外や意外でしたよ。甘さはなくライトなスタウトでやや柑橘の風味が出てたかな。炭酸はやや強め。残念ながらビアっぷるの好みではなかったが、窒素入りよりコチラのほうが好みではありました^^;

次に、

ビール名:トラディショナルビター
ビアスタイル:ビター
アルコール度数:5.0%
IBU:???
のビール画像はコチラです。

松本ブルワリー(トラディショナルビター)

見た目は、ややくすんだ感じの琥珀色ですね。
香りは、モルトの風味が引き立っており心地よかった。
飲み口ですが、モルト感がしっかり引き出されており鼻から抜ける感じも良かった。苦味もかなり控えめで甘さは程よくって感じでしたがありました。ライトで飲みやすくビールバランスも素晴らしいのだがビアっぷる的にはもうワンパンチ欲しいところ。残念ながら好みではありませんでした^^;

そして最後になりますが、

ビール名:トラディショナルスコッチエール
ビアスタイル:スコッチエール
アルコール度数:6.5%
IBU:???
のビール画像はコチラです。

松本ブルワリー(トラディショナルスコッチエール)

見た目は、クリアな赤褐色寄りかな。
香りは、ふんわりと言う感じでモルトの香りがあるかな。
飲み口ですが、苦味が抑えめで甘さは少しある程度。こちらもビター同様、ライトで飲みやすくきれいな造りのビールというのは理解できるが、やはりビアっぷるには物足りずもう少し個性が欲しいかな。残念ながら好みではなかった^^;

えっと、この後編は松本ブルワリーさんのタップルームへ伺いビール3種類を飲み、これで全て樽生で飲んだビールは紹介し終わりました。あ、因みにビアっぷるの好きなニューイングランドIPAに関しては、“ボトル”でのみあったのでそちらは後日改めてご紹介しようと思います。

最後にまとめとしては、全体的にきれいでバランスの良さを感じるビールが多いのは理解できた。ただ、定番を造るのも凄く大切だが今は限定醸造ビールが流行ってる時代だけに、できればもっと冒険をしてもらいたいしやはり醸造環境もあるだろうが、ピルスナー好きとしてはピルスナーを飲みたい。その際には改めて現地へ飲み行くか、行きつけのビアバーで繋がれば飲みたいですね!(´∀`)

はい、という事で今回は、長野県は松本市にある『MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)』さんのキャッスルスタウト、トラディショナルビター、トラディショナルスコッチエールをご紹介しました。皆さんも松本に行った際には是非、寄ってみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では他にも最新のビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る