箕面ビールから「IPA7(リアルエールver.)」の窒素出しを樽で飲んでみました~

箕面ビール ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は大阪は箕面市にある超人気ブルワリーの『箕面ビール』さんから「IPA7」のリアルエールver.、且つ窒素出しを樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ただでさえリアルエールなのに、窒素配合とはどんな感じになるのか興味津々です(´∀`)

ビール名:IPA7(リアルエールver.)+窒素出し
ビアスタイル:IPA
ブルワリー:箕面ビール
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:箕面ビール
facebook:箕面ビール

コチラがその「IPA7(リアルエールver.)+窒素出し」のビール画像です。

箕面ビール(IPA7・リアルエールver.2)

まさかの“ミルコ”になってますね~。って、冗談ですが、これは窒素を配合した事によりアワアワさんなってしまってる途中を撮りましたwww
サービング後のビール画像はコチラです^^;

箕面ビール(IPA7・リアルエールver.1)

見た目は、鮮やかな琥珀色ですね。
香りは、ホップの香りがしっかり出てます。
飲み口は、飲んだ瞬間苦味がグッときたが飲み込むとスッと消えて飲みやすい。
ボディバランスもさすがと言わんばかりでさすが箕面ビールさん。アルコール度数のおかげか甘さは程よく出てるし、窒素のおかげで口当たりが柔らかく感じながらもビアっぷるがIPAなのに意外にも好みな方だったという感じでした^^;

はい、この「IPA7(リアルエールver.)」ですが、ビールの情報量がなさ過ぎるが…。お聞きしたのはアイダホ7のホップを使用した?という事と、販売の際に通常ver.とリアルエールver.があるそうですがホップもIBUもわからずでこのビールの説明は以上になりますので悪しからず^^;

そういえば過去このブログでご紹介したのは、W-IPAか桃ヴァイツェンくらいで久しぶりの箕面ビールさんのビールを紹介となりましたが、さすが人気ブルワリーさんで完成度が高過ぎ。今回はそこへ窒素を配合というこれまた贅沢なビールを飲みました。箕面さんのリアルエールって関東ではあまり飲めないですよね?昨年だったか?大阪へ旅行へ行った際に寄ったビアベリーさんで飲んだ、W-IPAのリアルエールver.。その時は通常のW-IPAと両方パイントで頼み急いで飲んだので、帰りは酔っ払ってたのを今思い出しましたwww
通常ver.の方が好みでしたが、このIPA7の通常ver.はかなり苦そうではあるがが、1度は飲んでみたい気もするビアっぷるでした(^_^;)

あ!話が色々と飛んで申し訳ありませんがサイトに気になるビアイベントが…、

箕面ビール感謝祭2019

イベント名:箕面ビール感謝祭2019
日程:2019年6月15~16日、土日の2日間。
時間:両日10:00~17:00まで
場所:箕面・芦原公園
住所:大阪府箕面市箕面5丁目11
URL:箕面ビール感謝祭専用P
備考:詳細は公式サイトでご確認くださいませ

と、何より気になるビールは…定番ビールはおろか、限定醸造ビールに感謝祭特別ビールの約30種類のビールが出るとあればこれはかなり魅力的!更にはお得な前売りチケットもあるそうですが、限定の前売りチケットには『ビールチケット3枚+オリジナルジョッキ』と、オリジナルジョッキが付いてくるそうです!…って、欲しいです(・・;)

諸事情によりこのイベントに参加するのはさすがに難しいビアっぷるですが、箕面ビールファンにまたまらない感謝祭ですね!近隣の方や興味がある方は是非お友達を誘って参加してみましょう( ´∀`)

はい、という事でビールの話に戻して、今回は大阪は箕面市にある『箕面ビール』さんから「IPA7」のリアルエールver.、且つ窒素出しををご紹介しました。
皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、ブログでお伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は長野県は下高井郡にある『志賀高原ビー…
  2. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は掛川市にある「Kakega…
  3. Mt.Fuji Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、静岡県富士宮市にある「Mt.Fuji Br…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 前回の“Part1”、“Part2”に続き…
  5. 仙南クラフトビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県の『仙南クラフトビール』さん…
ページ上部へ戻る