Craft Beer Live 2019:「Juicy-IPA」、「古代桃(こだいもも)」、「ピルスナー(揮八郎ビール)」を樽で飲んできましたよ~ ※Part2

CRAFT BEER LIVE 2019 logo1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

先週末に参加した『Craft Beer Live 2019』のPart1に続き、Part2となる今回は
兵庫県にある出石城山ビールさんの「Juicy-IPA」と、奈良県にあるGOLDEN RABBIT BEERさんの「古代桃(こだいもも)」、そして兵庫県の揮八郎ビールさんから「ピルスナー」の3種類をご紹介したいと思います。関東ではまず飲めないビールをもありましたし、非常に興味のあるビールがありました( ´∀`)

イベント名:Craft Beer Live 2019
全開催日:2019年5月25日(土) ~ 5月26日(日)まで
場所:大阪・湊町リバープレイス Plaza2.3

はい、先ずはこのビール…の前に、プラカップはあまりにも寂しいのでここからはグラスで飲みました(^_^;)

ビール名:Juicy-IPA(出石ペールエール)
ブルワリー名:出石城山ビール
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???

コチラが「Juicy-IPA(出石ペールエール)」のビール画像になります。

出石城山ビール(Juicy-IPA)その1

見た目は、よくあるシンプルな琥珀色。
香りは、ジューシーさはなくホップの香りがやや強めですね。
飲み口は、かなり苦い。またビール名に相反する様でジューシーさもヘイジーさもない。ボディはミディアムでしっかりした造りというのはわかるが、飲んで、飲み込んで後味も苦い。甘さもなく、これはビアっぷるの好みではありませんでした。ブースの方へは何度も何度も確認しましたがパンフレットには『Juicy-IPA』と記載してるが、買いに行くと、

出石城山ビール(Juicy-IPA)その2

これ↑と言われ、『ペールエールではなく“Juicy-IPA”が欲しい』と言ったのですが、『ネーミングの諸事情により?と言われこれが“Juicy-IPA”です』と、、、。その後に『基本的にヘイジースタイルを醸造したようですが、オーツ麦等は使ってない』との事でしたが、ひょとしたら理想のビールと現実が違ったのかもしれませんね。何れにせよ、この画像の様にペールエールと言った方が合ってた気もします^^;

次に、

ビール名:古代桃(こだいもも)
ブルワリー名:GOLDEN RABBIT BEER
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:4.0%
IBU:14

コチラが「古代桃(こだいもも)」のビール画像になります。

GOLDEN LABBIT BEER(古代桃)その1

見た目は、見た目はかなりクリアな黄金色。
香りは、桃!桃!桃!で爽やかなフルーティさ。
飲み口は、桃!が確実に強調しており鼻から抜ける香りも味もしっかり桃がいる。苦味はなく、甘さは思ったより控えめ。またボディはライトで飲みやすくスイスイ飲めるし、バランスも絶妙でもう少しボディが欲しいビアっぷるでしたがそれでもビアっぷるの好みな方でした。

因みに『古代桃(こだいもも)』という桃は?という事で、

GOLDEN LABBIT BEER(古代桃)その2

こんな感じでしたが、このビールが現地で知り合った一般の方々に進められて飲んだのですが、周りではめちゃくちゃ好評でどの方も美味しい!と。その場では箕面さんの桃ヴァイツェンに次ぐ、桃ビールとして確立していくと思えるね!と話したほどの桃ビールでした( ´∀`)

最後に、

ビール名:ピルスナー
ブルワリー名:揮八郎ビール
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:4.6%
IBU:????

コチラが「ピルスナー」のビール画像になります。

揮八郎ビール(ピルスナー)その1

見た目は、見た目は薄濁りの琥珀色ですね。
香りは、ザーツだろうか?ホップの香りがしっかり立って香りから好み。
飲み口は、苦味は抑えめながらビアっぷるの求めてる成分的甘さがしっかりある。ボディはミディアムでビールバランスがやや気にはなったが、飲み込んだ後味に鼻から抜ける香りも抜群。ドリンカビリティでめちゃくちゃ飲みやすく、ビアっぷるには感動のピルスナーに出会いました。このイベントでは1番好みのビールでした( ´∀`)

実は…今回、このイベントに参加する上でこの、

揮八郎ビール(ピルスナー)その2

『ステーキハウス三田屋 揮八郎ビール』を最大の目的でした。日本で4番目、近畿地方では1番目の地ビール免許を取得。近畿圏ではかなり有名ということだが、ビアっぷるはこのイベントの出店で初めて知りましたが、まだまだビールは奥が深いですね。そこから数ある中で予習に予習を重ねた結果、ピルスナー好きとしてはこのビールが1番の目的でした。昔ながらの味というか、それでも今に通用するこのピルスナー。噂では外販はされない様ですが、外にでるなら是非飲んで欲しいし、ビアっぷるはもう1度飲みたい。機会があれば現地に飲みに行こうと思ったほど舌に合いました^^

はい、という事で今回は「Craft Beer Live 2019」から出石城山ビールさんの「Juicy-IPA」と、奈良県にあるGOLDEN RABBIT BEERさんの「古代桃(こだいもも)」、そして兵庫県の揮八郎ビールさんから「ピルスナー」をご紹介しました。皆さん、機会があれば是非飲んで見て下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をツイッターでも紹介しています。もしご興味があればみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それでは、Part3でまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る