Hood to Fuji 2019:「BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE」「BLANC I.P.A.」「PACIFIC BRIM」を樽で飲んできましたよ~ ※Part3

Hood to Fuji(フッド・トュ・フジ)_ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

少し期間が空いてしまいましたが、先日ご紹介したPart1Part2の『Hood to Fuji 2019』に続き、Part3をご紹介したいと思います。まずは平和クラフトさんの「BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE」、ノースアイランドさんの「BLANC I.P.A.」、最後にワイマーケットさんの「PACIFIC BRIM」の3種類ですね~( ´∀`)

イベント名:Hood to Fuji 2019
全開催日:2019年6月8日(土) ~ 6月9日(日)まで
場所:スプリングバレーブルワリー 東京

はい、先ずはこのビールですが、

ビール名:BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE
ブルワリー名:平和クラフト×Von Ebert Brewing
ビアスタイル:Fruit Juicy IPA
アルコール度数:??
IBU:??

コチラが「BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE」のビール画像になります。

平和クラフト×Von Ebert Brewing(BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE)

見た目は、暗めのピンクはベリーの色かな!?
香りは、独特なハーブっぽい感じだが嫌ではない。
飲み口は、ホップの苦味や甘さも感じなかったが酸味が独特でこの微妙感は厳しいな。また、ベリーがいなければミント?っぽいっ感じも。ボディはライトで飲みやすい感じだが、なんか身体には良さそうな感じもビアっぷるは好みではありませんでした^^;

このビールはコラボ先のVon Ebertさんが得意としているファームハウスエールにオレゴン産のベリーとフェンネルを加えたそうです。順番的に7番目に飲んだのですが、この色に惹かれて飲んでみたのですが、見た目のインパクトに対して…好みがはっきり別れそうな感じのビールですが、独特な感じもこのコラボだからこそと思いました。

次は、

ビール名:BLANC I.P.A.
ブルワリー名:ノースアイランドビール×NEW HOKKAIDO BREWING
ビアスタイル:フルーツIPA
アルコール度数:??
IBU:??

コチラが「BLANC I.P.A.」のビール画像になります。

ノースアイランドビール×NEW HOKKAIDO BREWING(BLANC I.P.A.)

見た目は、薄い黄色。
香りは…ヘイジーIPAの様にかなーりジューシー。
飲み口は、ホップの苦味が喉にしっかり残る。甘さはなくなんかワインっぽい感じもするビール。ボディはミディアム寄りのライトでドライな感じだがビールバランスが微妙に感じ、香りのヘイジーさから求めているゴールがどこへ行きたいのだろうか?と思ってしまいました。味が複雑過ぎて、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

このビールですが説明を読むと、
・葡萄本来の香りに白ワインを感じさせるアロマを相乗効果で狙った。
・ビアスタイルはフルーツIPAと記載してるがワインとビールのクロスオーバーを目指した。

という事でしたが、、、。ワインとビールのクロスオーバーは正直ビアっぷるには感じませんでした。バランスが無理矢理な感じがして、このビールの良さを理解できなかった。コラボという事で、ワインとビールのクロスオーバーを狙ったのだろうが…複雑なビールと思いました。舌は十人十色なので飲まれ方はどう思われたのだろうかと気になります^^;

そして、

ビール名:PACIFIC BRIM
ブルワリー名:Y.market Brewing×Cascade Brewing Barrel House
ビアスタイル:Fruit French Saison
アルコール度数:??
IBU:??

コチラが「PACIFIC BRIM」のビール画像になります。

Y.market Brewing×Cascade Brewing Barrel House(PACIFIC BRIM)

見た目は、ピーチかと思わせる薄めのピンク色。
香りは、酸味とニッキっぽい香りがする。
飲み口は、ラズベリーをしっかり感じながら甘さが控えめで苦味が抑えめ。またエグ味が残ってるのだがなんか程よい甘酸っぱさはあるのは良いかな。ボディはミディアムながらスイスイと飲みやすく、ビアっぷるは好みな方でした^^;

このビールはオレゴン産のラズベリーとすももの感じがあるパープルプラムを使用して、甘酸っぱさにセゾンをバランスよく醸造してきた感じですね。ラズベリーの感じも出てたし、甘酸っぱさも良かった。季節的にも丁度いい感じでどこかで見かけたら再度飲んでみたいと思ったビールでした( ´∀`)

はい、という事で今回は「Hood to Fuji 2019」から平和クラフトさんの「BERRY COLLAGE FARMHOUSE ALE」、ノースアイランドさんの「BLANC I.P.A.」、最後にワイマーケットさんの「PACIFIC BRIM」の3種類をご紹介しました。もう一部ですが、徐々にビアバーに出てきてますね~。皆さんもし飲める機会があれば是非飲んでみてくださね!

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をPCやツイッターでも紹介しています。もしご興味があればみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それでは、Part4で~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  2. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
ページ上部へ戻る